autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 4ページ目

特別企画 2015/5/20 11:17

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(4/5)

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

快適&安全装備

ホンダ 新型ステップワゴンスパーダホンダ 新型ステップワゴン

新型の実用的な機能で注目されるのは、わくわくゲートだろう。一般的な縦開きのリアゲートに、横開きの小さなサブドアを加えた。狭い駐車場などでは、後方に大きく張り出す縦開きのリアゲートは使いにくい。そこでサブドアによって狭い場所での開閉を容易にした。車内からも開閉できるので、3列目の左側を畳めば、サブドアを使った乗降も可能だ。開閉感覚もしっかりと造り込んだ。

安全面ではホンダセンシングに注目。万一の時には、自動的に緊急ブレーキを作動できる衝突回避の支援機能だ。ミリ波レーダーと単眼カメラを併用するので、高速域まで作動し、カメラを使うために車両だけでなく歩行者も見分ける。速度や一時停止の標識を表示する機能も設けた。

また、このシステムの応用により、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも採用している。

進化度数:9点/10点(超絶的に進化した)

燃費性能

ホンダ 旧型ステップワゴンスパーダホンダ 新型ステップワゴン

旧型のJC08モード燃費は、2WDで見ると標準ボディの15インチタイヤ装着車が15km/L。スパーダの16インチが14.8km/L、17インチが13.8km/Lであった。

これが新型では、16インチタイヤを装着する標準ボディのGとBが17km/L。同じタイヤを履くスパーダが16km/L、17インチタイヤが15.4km/Lになる。エンジンを1.5リッターのターボに変更したことで、燃費数値が10~13%向上した。

進化度数:3点/10点(比べてようやく気付くレベル)

[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ ステップワゴン の関連編集記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR