autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 3ページ目

特別企画 2015/5/20 11:17

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(3/5)

ホンダ「ステップワゴン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

走行安定性

ホンダ 新型ステップワゴンスパーダホンダ 新型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンスパーダホンダ 旧型ステップワゴンスパーダ

ステップワゴンのプラットフォームは、3世代にわたり基本部分を変えていない。なので旧型と共通だ。それでもスライドドアの部分で床面地上高は約390mmと低く、優れた乗降性と併せて低重心化も達成している。

この素性の良いプラットフォームをベースに、新型は旧型に比べてホイールベースを35mm拡大。ボディの骨格にも手が入り、角の部分や接合点を強固に仕上げた。スライドドアやリアゲートなど、歪みの生じやすい開口部も入念に補強している。

これらの効果もあり、5ナンバーサイズを基本にした背の高いミニバンとしては、走行安定性はトップ水準になる。カーブでは、後輪をしっかりと接地させた上で自然な感覚で回り込む。旋回軌跡を拡大させにくい。操舵感にも鈍さはなく、ワゴンのように運転できる。ボディの傾き方はさほど小さくないが、挙動の変化が穏やかに進むため、ドライバーや乗員が不安を感じにくい。新型になって走行安定性はかなり良くなった。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

乗り心地

ホンダ 新型ステップワゴンホンダ 旧型ステップワゴンスパーダ

旧型の乗り心地は、ミドルサイズの背の高いミニバンとして特に不満はなかったが、少し硬めであった。最も快適だったのは、16インチタイヤを履いたスパーダ。ただし17インチを装着すると硬くなる。標準ボディの15インチも少し粗かった。

それが新型では全般的に快適性を高めている。路面が荒れたところでは少し硬く感じるが、角は丸く、段差を乗り越えた時の突き上げ感も抑えた。

印象が特に変わったのはスパーダの17インチタイヤ装着車で、旧型の硬さを払拭させた。その代わりカーブで外側の前輪が踏ん張る感覚も少し弱まり、旋回性能は16インチタイヤに近づいたが、ミニバンの足まわりとしてはバランスが良い。

新型は標準ボディもスパーダと同サイズの16インチタイヤを履くが、スパーダと違って高剛性ハブベアリングは採用されず、減衰力などの設定も違う。それでも乗り心地は優れた部類だが、スパーダは適度な引き締まり感があって粗さも抑え、走行安定性を含めてバランスが良い。購入時には乗り比べると良いだろう。

進化度数:6点/10点(大幅に進化した)

[次ページへ続く]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ ステップワゴン の関連編集記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連編集記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR