注目はデロリアンだけじゃない!『BACK TO THE FUTURE』と関わりがある意外な日本車

画像ギャラリーはこちら
1985年に第1作が公開、1990年までに計3作が製作された名SF映画『BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』が、今年で公開35周年を迎える。それに合わせ、本日2020年6月12日より「日本テレビ 金曜ロードショー」にて3週連続で放映される。

当シリーズで思い浮かぶクルマといえば、改造したタイムマシーンとして登場した「デロリアンDMC-12」や劇中に登場した「トヨタ 50系ハイラックス」だろう。

しかし、そんな2車種以外に「ホンダ インテグラ」がBTTFに関わっていたのを、皆さんはご存じだろうか?

>>当時のパンフレットや「2代目インテグラ」「デロリアン DMC12」「50系ハイラックス」を画像で見る!

目次[開く][閉じる]
  1. デロリアンが永遠の憧れではあるけれど
  2. なぜBTTFにホンダ・インテグラ?
  3. BTTF公開35周年に羨む当時の広告業界の大らかさ
インテグラの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

デロリアンが永遠の憧れではあるけれど

少年時代に感じた「カッコいい」は、いつになっても脳裏に焼き付いているものだ。僕にとってのソレは映画『BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー=BTTF)』。マイケル・J・フォックス扮するマーティが、通称デロリアンで現在過去未来を飛び回るアレだ。

当然、デロリアンが永遠の憧れではあるんだけど、ちゃんと動いてくれるのか、いつ止まるのかも分からないシロモノに、大金をはたける身分にない。日本でも買えるようになったハイラックスが愛車の候補に浮上することもあるけど、実用性の面から除外してしまう。

BTTFを懐かしむのはチャック・ベリーの『Johnny B Goode』を大音量で流したり、劇中でマーティが身に着けていたアイテムをコレクションするのが関の山で、長い間、ナイキのブルインやイーストパックのクロスカントリーPAK’RIIなどを手中に収めてニンマリしてきた。身を固めてからはその楽しみも忍ぶようになり、いま手元に残るコレクションは1980年代製のブルインのみだ。

なぜBTTFにホンダ・インテグラ?

と、しみじみした気分で書斎を見渡すと、BTTF関連のグッズがまだあった!VHSボックスの他に3つもあった!BTTF Part1、2、3のパンフレットだ。いい歳して恥ずかしい話だけど、これらのパンフレットを壁に貼ってディスプレイしているのです・・・。

そんなディスプレイを久しぶりに壁から外して開こうと思ったのは、今年がBTTF公開35周年で、本日6月12日より3週連続地上波放送されるというニュースが耳に入ってきたから。懐かしい気分を奮い立たせたかったというワケだ。

が、Part2のパンフレットを裏返してノスタルジックな気分が吹き飛んだ! なんと背表紙に、ホンダ・インテグラの広告が入っていたのだ! そしてPart3のパンフレットにもインテグラがある。

Part2の「サンキュー・・・・・ベリーHエッチ。」なるキャッチフレーズも謎だけど、もっと不可解なのがBTTFとホンダの関係だ。デロリアンは非現実的な存在だからまだいいとして、劇中でマーティが嬉々とステアリングを握るのはトヨタの50系ハイラックスだ。

当時、インテグラのCMにマイケルJフォックスを起用していたとはいえ、BTTFでホンダは何も恩恵を受けていないはずだ・・・。

BTTF公開35周年に羨む当時の広告業界の大らかさ

なんて深読みをして「この時代はよかったんだなぁ」としみじみしまった。

いまは広告代理店が口を出してくるからなのか、番組スポンサーへの忖度なのか分からないけど、街ブラロケで映る自動販売機や飲み物のラベルにもモザイクがかけられる時代だ。

映画やテレビドラマに使われるクルマや衣装に関しても、スポンサーの意向が優先されると聞く。作り手にとってスポンサーは資金を提供してくれる大切な存在なんだろうけど、視聴者の立場からすると、大人の事情が垣間見えると興ざめしてしまう。だから、BTTFの劇中でメリットがないのにインテグラの広告を入れた当時のホンダに、男気を感じてしまったのだ。

いまもBTTFを観る度に「宿敵のビフはトランプ大統領がモデルなんだぞ」とか「あのシーンに登場した彼は後のオバマ大統領なんじゃないか」などなど、熱く語ってしまう。そんな傑作を生みだせたのはホンダのような大らかなスポンサーが存在していたからであり、妙な忖度がなかったからともいえる気がする。

そうした時代背景も含めて、改めてBTTF 3部作を楽しみたいと思う。

[筆者: 井口 豪]

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

ホンダ/インテグラ
ホンダ インテグラカタログを見る
新車価格:
209万円220万円
中古価格:
42万円115万円
トヨタ/ハイラックス
トヨタ ハイラックスカタログを見る
新車価格:
338.3万円403.5万円
中古価格:
67.8万円730万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ インテグラの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インテグラのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インテグラの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インテグラの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インテグラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる