日本版コンシューマレポート-ホンダ フリードスパイク ユーザー試乗レビュー-(2/6)

日本版コンシューマレポート-ホンダ フリードスパイク ユーザー試乗レビュー-
フリードスパイク 利用イメージ フリードスパイク 利用イメージ フリードスパイク 利用イメージ 無限 フリードスパイク 画像ギャラリーはこちら

フリードスパイクのユーザー評価・レビュー/エクステリア

「フリード」は「ミニバン」。「フリードスパイク」は「コンパクトカー」。

ホンダのWebサイトでは、そのように分類している。

ベースモデルで比較すると、「フリードスパイク」は「フリード」より全長が5mm短く、全幅、全高、そしてホイールベースは同じだ。

デザイン評価では、ユーザー属性で合計74%を占める「20代以下」「30代」から高い支持を得ている。

次に、デザインに関してのコメント。

ここでは「概ね良好」という印象だ。全回答の2/3が「ニュートラルからポジティブ」。残り1/3でもけっして「目一杯ネガティブ」という傾向はなかった。

「フロントは、個人的にはベースのフリードよりおとなし目で『小さいステップワゴン』の様な印象で、アウトドアなコンセプトに合わせて、もっと冒険的なイメージにしても良かったのかな~とは思う」(神奈川県なだる)

「ただのフリードより骨太イメージで好感が持てますが、フロントだけでサイド、リアはそのまんまフリード」(福岡県はる)

「フリードに比べると力強いデザインになっていて好きです。彼氏にお勧め中です」(兵庫県ハセ)

以上、3つの「ポジティブ」系コメントを見ると、「フリード」に比べてフロントのインパクトの強さが増したことが目立つ。

そのため「デザインイメージ」を以下のようにグラフ化すると「カッコいい」40.0%、「ワイルド」36.7%、「男向き」53.5%、という結果が出た。

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フリードスパイクの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードスパイクのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードスパイクの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードスパイクの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードスパイクのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる