ホンダ フリード ModuloXに往年の“ホンダイズム”を見た!|モデューロが目指した次なる世界とは(2/3)

  • 筆者: 山田 弘樹
  • カメラマン:和田 清志 モデル:美波 千夏
画像ギャラリーはこちら

往年のホンダが持っていた“宗一郎スピリッツ”を感じさせる仕上がり

さてフリード モデューロXの仕立てだが、具体的には、ダンパーを中心としたサスペンションセッティングでそのハンドリングにくっきりとした輪郭を与え、空力性能を少し加えることで高速安定性を得たのである。

興味深いのはその味付けが極めて純朴かつ真正直なところで、ちょっと大げさに言うとボクはここに、往年のホンダが持っていた“宗一郎スピリッツ”を感じた。クルマは機械であること。それを動かすことは楽しいということ。その上で実用性に富み、これに乗る人たちが幸せになれること。そんな往年のホンダ味を、現代解釈した印象を受けたのである。

要するにフリード モデューロXの乗り味は、淡麗・辛口。日本酒を好む御仁ならわかると思うが、辛口とはいってもその輪郭がすっきり・くっきりしているということが言いたいわけで、実際にこれが辛い(クルマで言えば過激)ワケではない。路面からの入力に対してフリード モデューロXは、純正よりもハッキリとそのインフォメーションを伝えてくるという意味である。

心地良いダイレクト感は飛ばさなくてもしっかり実感出来る

ただしその入力を精査すると、これが単なる不快な突き上げではないとわかる。路面のうねりや凹凸をステアリング越しに伝えることによって、ドライバーは自然と道の形(路面サーフェス)を感じ取ることができるから、無意識にハンドルの切り方やアクセル・ブレーキペダルの踏み方を予測できる。その際大きな細かな周波数帯の振動は、ダンパーが巧みに減衰してくれている。大きな入力に関しては、全てを吸収しきるわけではないが、そのカドを上手に丸めてくれる。

だからフリード モデューロXは、日常域でのカーブがとても楽しい。もちろんワインディングのような高荷重領域ではノーマル以上のコーナリングパフォーマンスを発揮してくれるけれど、そんな舞台でなくてもその魅力は十分に味わえる。

普通の速度域でハンドルを切ったとき、ダンパーの減衰力が素早く立ち上がって、素直に曲がってくれるのだ。

首都高速環状線のような場面でも、女性が安心して操作できるハンドリングといえば、わかってもらえるだろうか? その操舵感には応答遅れがほとんどなく、ライントレース性がとても高い。ひいては飛ばさなくても、運転が楽しく感じられてくるのである。

モータースポーツのノウハウが活きる絶妙な空力性能

また高速道路では、前述した空力性能が車体を安定させる。

バンパーのエアガイドフィン。フラットボトム形状を基軸に、清流フィンで空気の流れを作り出すフロントスポイラー。床下のパネルやリアのディフューザー。こうした空力パーツは個々で性能を発揮するのではなく、全体で空気の流れをコントロールしてフリードのミニバンボディを安定させる。

具体的には前後のリフトバランスを整えて、前後のピッチングモーメントに対して「空力中心」を安定した場所に据えるようにするのである。

また床下にエアフローを作り出して、これを軸にロールモーメントを安定させているという。だから高速道路でのレーンチェンジにおいても、重心高の高いミニバンボディをぐらつかせないのである。

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
19.9万円2,349.4万円
ホンダ/フリード+
ホンダ フリード+カタログを見る
新車価格:
218.2万円304万円
中古価格:
140万円293.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる