出るのが15年早すぎた! カクカクボディ&観音開きの個性派SUV「ホンダ エレメント」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今でこそ日本は人気のジャンルとなっているSUVだが、当時はいまほどの人気もなかったことで売れ行きも伸びず、2003年4月から2005年7月までと約2年の短い販売期間に終わったSUVがあった。それが「ホンダ エレメント」だ。

>>今なら売れるデザイン&大開口の両側観音開きドア! 「ホンダ エレメント」の内外装を画像で見る[全47枚]

そんなホンダ エレメントは、アウトドアに最適なスペックと現代のトレンドにマッチしたデザインによって、近年キャンパー達に注目されているという。

時代を先取りしたユニークなデザイン

ホンダ エレメントはアメリカのアクティブな若者(16歳から24歳あたり)向けに開発・生産され、個性的なデザインや使い勝手の良さが人気を博し、アメリカでは2002年12月から2010年12月まで生産された。日本での販売期間は約2年と短かったが、アメリカでは息の長いモデルだった。

ビーチにあるライフガード・ステーション(ライブセイバーの監視台)がモチーフとなっており、マツダ RX-8やトヨタ FJクルーザーのようにセンターピラーレス構造の両側観音開きドアを採用していることが特徴だ。

また角ばった外観デザインにバンパーやフェンダー、サイドシルには無塗装の樹脂が採用されており、スバル XVやスズキ ジムニー(JB64)のような近年SUVのデザイントレンドに近い要素を持つ。

ボディサイズは全長4300mm×全幅1815mm×全高1790mm、ホイールベースは2575mmと使い勝手も良さそうだ。

アウトドアに便利な機能がそろったインテリア

インテリアは水平基調でソリッドなインパネだが、コーンシェイプと呼ばれるポップなデザインの独立3眼メーターが採用されている。

注目は機能性の高いラゲッジスペースだ。サーフィンをする若者たちメインターゲットであり、10フィートサーフボードを積めることが必要条件として全長が決定された。それもあり、後部座席を左右に跳ね上げれば、高さ1025mm左右幅1100mmと広いカーゴスペースを作ることができる。さらに汚れと水に強い樹脂製のフロア、そしてシートや天井を覆うルーフライニングには防水加工が施されている。

それに加え、高さ1140mm×幅1550mmの大きな開口部を持つ両側観音開きドアや、車中泊可能なフルフラットだって作れる多彩なシートアレンジなど、アウトドアでも使い勝手が良い。

「ホンダ エレメント」の内装を画像で見る!

パワートレインにはエンジンは北米版「アコード」と同じ2.4L DOHC i-VTECの最高出力160馬力/5500rpm、トルクは22.2kg・m/4500rpmに4ATが組み合わされている。駆動方式はデュアルポンプ式リアルタイム4WDのみ。フロントはトーコントロールリンク・ストラットサスペンション、リアにはリアクティブリンク・ダブルウイッシュボーンサスペンションを採用。長距離ドライブでも不整地でも頼りになるスペックだ。レギュラーガソリンで10.6km/L(10・15モード)と燃費もそこまで悪くはない。

このように、ホンダ エレメントはアウトドアに最適なスペックと現代のトレンドにマッチしたデザインによって、キャンパー達から注目されている1台だ。そのため、当時の販売価格は259万円にも関わらず、走行距離が10万km以内など状態の良いものであれば、中古価格は130万円前後と半値程度で販売されている。いま新車が登場していれば、人気の1台となっていたかもしれない。

ホンダ/エレメント
ホンダ エレメントカタログを見る
新車価格:
284.9万円284.9万円
中古価格:
50.5万円197.5万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ エレメントの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ エレメントのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ エレメントの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ エレメントの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ エレメントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる