新型シビック e:HEVの「スポーティな爽快感」は走りからも内装からも存分に感じられる! ガソリンモデルとの違いとは

画像ギャラリーはこちら
ホンダは2022年4月14日(木)、ハッチバックモデルのシビックにハイブリッドモデルとなる新型シビック e:HEVを追加して2022年7月に発売すると発表した。

発表に合わせて専用ページを先行公開している。

目次[開く][閉じる]
  1. 新開発の2.0Lエンジンと2モーターハイブリッドを組み合わせた新型シビック e:HEV
  2. 発進や加速などパワーが必要なところではモーター走行、高速クルーズ時にはエンジン走行と効率的に使い分けることができる
  3. 液晶メーターはタコメーターのようなエンジン回転数と連動した演出が施され、スポーティな印象に!

新開発の2.0Lエンジンと2モーターハイブリッドを組み合わせた新型シビック e:HEV

2022年7月に発売を予定するホンダ 新型シビック e:HEVには、新開発となる2.0L直噴エンジンと独自の2モーターハイブリッドシステムe:HEVの制御システムを搭載する。

開発のコンセプトは「爽快スポーツ e:HEV」。新型シビックが持つ基本性能のよさはそのままに、進化したe:HEVによるスポーティで爽快な走りを新たに提供することを目的に、高い燃費性能とスポーティかつ上質な走りを両立した。

発進や加速などパワーが必要なところではモーター走行、高速クルーズ時にはエンジン走行と効率的に使い分けることができる

新開発のエンジンは104kW/182Nmを発揮する2.0L直噴エンジンで、街中などでの走行時は発電用モーターの原動力として、高速クルーズ時には車輪と直結し、エンジン走行を担っている。さらに世界トップレベルとなる約41%の最大熱効率で燃費向上に寄与する。直噴化によりトルク、燃費性能を向上させながら、遮音材などを最適に配置することで静粛性も高めた。

ハイブリッドシステムはコンパクトに高出力パワーを生み出す発電用モーターと153kW/315Nmを発揮する走行用モーターを搭載した2モーターだ。このエンジンとハイブリッドの組み合わせにより、実際に走ってみるとエンジン音からして軽やかで、吹け上がりも「爽快」の一言。エコ性能を重視しながらも、かなりスポーティな性格が与えられているのがわかる。

また新型ダンパーを採用することによって防振/防音性能を高めている。さらにシステムの制御としてアクセルを踏んだ瞬間からリニアな加速を提供する「ダイレクトアクセル」や、エンジン回転数を段階的に制御することでリズミカルなエンジン回転数の変化とエンジン音を届ける「リニアシフトコントロール」も採用されている。

液晶メーターはタコメーターのようなエンジン回転数と連動した演出が施され、スポーティな印象に!

エクステリアにも細かな変更がなされた。ボディ前後のエンブレムにはブルーを取り入れ、エコカーであることを想起させる。

また、グリルやサイドのウインドウモール、ミラーの一部にはグロスブラックの表面処理加工が施された。さらにリアのバンパーガーニッシュは既存のガソリンモデルとは異なるe:HEV専用形状となり、e:HEVのエンブレムも追加されている。

インテリアにはe:HEV専用の10.2インチデジタルグラフィックの液晶メーターを採用し、ボタン式のシフトセレクターを装備。液晶メーターは加速時にはタコメーターのようなエンジンの回転数と連動した動きに、減速時はバッテリーへの回生状況を表現する。

さらに、ガソリンモデルの上位グレード「EX」と同様、BOSEのオーディオシステムや運転席8ウェイ、助手席4ウェイのパワーシート、アダプティブドライビングビームヘッドライト、ワイヤレススマートフォンチャージャーなどが標準装備される。

また、ドライブモードとして「NORMALモード」「SPORTモード」「ECONモード」に加え、パワーやステアリングフィールなどを個別に設定できる「INDIVIDUALモード」も用意した。

特にSPORTモード選択時にはエンジン回転とシンクロした音をプラスする「アクティブサウンドコントロール」も設定される。実際の走行フィールからも、聴覚的にもスポーティな雰囲気が存分に感じられるのが魅力的だ。

ボディカラーはプラチナホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ソニックグレー・パール、プレミアムクリスタルレッド・メタリック、プレミアムクリスタルブルー・メタリックの5色が設定されている。

価格などは発表されていないが、正式な登場が楽しみな一台だ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円354万円
中古価格:
44.6万円480万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 陶泉 御所坊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる