車中泊可能!? 人気SUVのハリアー、フォレスター、ヴェゼル…身長180cmの男が実際に寝てチェックしてみた! 3選

画像ギャラリーはこちら
自由なクルマ旅のスタイル“車中泊”がいま注目を集めている。果たして、本格的なキャンピングカーでなくても出来るのだろうか。人気の新型SUV「トヨタ ハリアー」「スバル フォレスター」「ホンダ ヴェゼル」を用いて、身長180cmの筆者が荷室に寝ころんで検証してみることにした。SUVで車中泊……どれもイケます!
目次[開く][閉じる]
  1. アウトドアが似合わない!? 都会派「トヨタ ハリアー」だって車中泊も出来るのだ!
  2. 何かと荷物の多くなるアウトドア派にぴったりな「スバル フォレスター」の効率的な荷室空間設計
  3. 全長4.3メートル級のコンパクトサイズなのに車中泊もイケる「ホンダ ヴェゼル」

アウトドアが似合わない!? 都会派「トヨタ ハリアー」だって車中泊も出来るのだ!

トヨタ車で車中泊といえば、1BOXのハイエースか、あるいはタフなイメージのランドクルーザーやRAV4などが挙がるはず。

それでは、都会派イメージも強いSUVのハリアーはどうだろう。実際にトヨタ ハリアーを用いて身長180cmの筆者が荷室に寝ころんで検証してみたところ、TOP写真の通り斜めに寝るなら余裕のスペースが得られた。荷室長さは1805mm(トヨタ計測値)。荷室自体も凸凹や傾斜は少ない。

縦にまっすぐ寝ても荷室長的には問題ないのだが、後席背もたれ分の長さがわずか足らない。したがって写真の通りに頭が支えきれない状態になる。前席シートと後席の空間をカバンや上着、アウトドア用品などの手荷物で埋め、さらに空気で膨らむキャンプ用の厚手なインフレーターマットなどを敷く必要がある。そうしてあげれば、大人2人が就寝することも出来なくはない。

何かと荷物の多くなるアウトドア派にぴったりな「スバル フォレスター」の効率的な荷室空間設計

2021年秋にマイナーチェンジを実施する予定のスバル 新型フォレスターをひと足お先にチェックすることが出来た。こちらでも身長180cmの筆者が、実際に荷室で寝ころんでみて確かめてみたところ、縦にまっすぐ寝るとハリアー同様に頭がはみ出してしまった。後席を前倒した時の荷室長はおよそ1800mmを確保しているものの、やはり床面自体の長さが若干足らなかった。

とはいえ、全長4.6メートルクラスでこの荷室長を確保するのは優秀だ。窓からの視界も良く車中泊でも閉所感はない。また荷室の左右方向もしっかり確保されている。スバル フォレスターは効率的な空間設計が行われており、何かと荷物が多くなるキャンプやアウトドアレジャーにも最適な1台であることが確認できた。

全長4.3メートル級のコンパクトサイズなのに車中泊もイケる「ホンダ ヴェゼル」

ホンダ 新型ヴェゼルは、コンパクトSUVクラスの中では比較的大柄な全長4330mmだが、とはいえ車中泊がイケるほどの荷室長空間を確保できたのだろうか。

ホンダによると、新型ヴェゼルはパッケージングを全面的に見直し客室部の広さを拡大させたことから、コンパクトなサイズながら荷室長1900mmを確保したという。より車体の大きいハリアーやフォレスターとそん色ないどころか、数値上は上回っているほどだ。

こちらも寝ころんでみたところ、床面自体の長さは1700mm程度だったため、やはり180cmの筆者では頭がはみ出た。とはいえ前席との隙間になにか置くなどして工夫すれば、縦に大人2名が寝ることだって不可能じゃない。取材車両はパノラマルーフ装着車だったため、ガラス越しに空や木々が見えて心地良かった。旅先でちょっと休憩、なんて時にものんびりと楽しめるだろう。車中泊派にもオススメなアイテムと言える。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:小林 岳夫・茂呂 幸正・和田 清志]

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
227.9万円329.9万円
中古価格:
102.4万円412.4万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる