新型アクアとヤリス ハイブリッド、一体何が違う!? 新型アクアは「ヤリスのちょい上級版」というポジションに移っていた

画像ギャラリーはこちら
「トヨタ アクア」がフルモデルチェンジを実施した。2011年に登場した初代アクアは、プリウスに次いで登場したハイブリッド専用車だった。5ナンバーのコンパクトサイズで価格も安く、デビュー早々に絶大な支持を集めている。それから10年。現在では同じコンパクトカークラスのヤリスにもハイブリッドモデルが登場したことで、新型アクアのポジションも変化したようだ。

>>どっちがお好み!? トヨタ 新型アクアとヤリスを写真で見比べてみる[画像80枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 初代アクア誕生から10年、コンパクトハイブリッドの世界も様変わりしていた
  2. 初代アクアの特色であった「低価格ハイブリッド」「低燃費TOP」の座はヤリスハイブリッドに受け渡した
  3. アクアに搭載される新開発のバッテリーは高出力な次世代型!

初代アクア誕生から10年、コンパクトハイブリッドの世界も様変わりしていた

先日、およそ10年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたトヨタ アクア。5ナンバーサイズのハイブリッド専用車として、一般ユーザーから企業の社用車まで幅広い用途に愛されてきたモデルだけに、新型の注目度も高いと言える。

しかしよくよく考えてみると、トヨタにはすでに5ナンバーサイズのコンパクトハイブリッドカーが存在しているではないか。それが2020年2月に登場したヤリスである。

ヤリスはガソリン車も用意されているため純然たるハイブリッド専用車ではないが、共にトヨタの新型プラットフォームTNGAを採用し、全く同じエンジンとモーターを搭載しているのだ。

ひと昔前であればトヨタは複数の販売チャネルを持っていたため、マークII3兄弟やノア3兄弟のように、各販売店向けに兄弟車を仕立てるということも珍しくなかったが、2020年5月からは、東京都を除く全国で全車種を併売するようになっているから、その線はないハズ。

では、両車にはどのような違いが存在しているのかチェックしていきたい。

初代アクアの特色であった「低価格ハイブリッド」「低燃費TOP」の座はヤリスハイブリッドに受け渡した

まず最も分かりやすいのが価格だろう。

上から「Z」、「G」、「X」という3グレードは両車共通している呼称だが、同一グレードで比較するとアクアの方が7万6000円~10万円ほど高額となる(ヤリス ハイブリッド Xよりも安価なアクア Bというグレードもあるが、これはビジネスユース向けだ)。

そしてハイブリッドカーとしては気になる燃費性能では、ヤリスハイブリッドの最も燃費の良いグレードで36.0km/Lなのに対し、アクアでは35.8km/L(共にWLTCモード燃費)と、わずかではあるがヤリスハイブリッドに軍配が上がるのだ。

つまり、ユーザーの多くが気にするであろう車両価格と燃費性能、どちらも後発のアクアの方がヤリスハイブリッドに劣っているということになってしまう。これではアクアの存在意義が薄れてしまうではないか。

しかし、数値だけで判断するのは時期尚早。アクアはハイブリッド専売車ならではの先進的な部分が多く存在しているのである。

アクアに搭載される新開発のバッテリーは高出力な次世代型!

まず、ハイブリッド車のキモともいえるバッテリー。ヤリスハイブリッドは一般的なリチウムイオン電池を搭載しているが、アクアには市販車の駆動用バッテリーとしては世界初搭載となる「バイポーラ型ニッケル水素電池」を搭載しているのだ(Bグレードを除く)。

このバイポーラ型ニッケル水素電池は、従来の電池に比べてコンパクトかつ高出力という特徴を持っており、まさに次世代の駆動用バッテリーと呼べるもの。

これを搭載したことでアクセル操作への応答性が向上し、リニアでスムースな加速が可能となりドライバビリティが大きく向上。さらにアクセルペダル操作の強弱で車速をコントロールできる「快感ペダル」をトヨタ車として初採用し、新世代のハイブリッドカーであることを強くアピールしているのだ。

万が一の災害時に役立つ「非常時給電システム」も全車標準

また、トヨタのハイブリッド車の装備としてすっかりおなじみとなったAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備としたほか、有事の際に車両から家庭への給電を可能とする「非常時給電システム」も全車標準装備。

ガソリンが満タンの状態でエアコンなどの負荷がない場合、一般家庭のおよそ5日分の電力をアクアから供給することが可能というもので、自然災害の多い日本では心強い装備と言えるだろう(使うことがないのがベストではあるのだが)。

トヨタのコンパクトカーで初となる先進機能を多数装備

他にもハンドル操作、ブレーキ、アクセル、シフトチェンジなど、駐車時における全操作を車両が支援するトヨタチームメイト アドバンストパーク、従来の前後進行方向に加え新たに側方の静止物を検知対象とし、警報とブレーキ制御で接触回避を支援するパーキングサポートブレーキといった、トヨタコンパクト車初の技術を採用しており、最先端のハイブリッド専用車と言わんばかりなのだ。

ちなみにアクア全車へ標準装備される全車速追従機能アダプティブクルーズコントロールは、2020年2月の登場時にはヤリスハイブリッドに備わっていなかったが、2021年5月の一部改良で車両停止状態まで対応する全車速型にバージョンアップされている。

同じコンパクトカークラスではあるが、異なるアプローチで誕生したアクアとヤリス

まとめると、ガソリンモデルも用意して幅広い層に親しみやすいキャラクターを持ったヤリスに対し、現時点で搭載できる先進的な装備や技術をありったけ詰め込んだアクアという図式とも言え、たまたまボディサイズと価格が近いだけで全く異なるアプローチで誕生した2台ということが言えるのではないだろうか。

[筆者:小鮒 康一]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
29.9万円305.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる