新型アクアに新搭載「快感ペダル」って何だ!? ライバルの日産 e-POWERに闘志むき出しな便利機能だった

画像ギャラリーはこちら
2021年7月19日(月)、トヨタのハイブリッドカー「アクア」がフルモデルチェンジを実施した。性能が向上し、様々な新装備も備わる中、ひときわ目につくのが「快感ペダル」という見慣れない名称だ。搭載バッテリーの刷新に伴い加わった新機能だという。なにが“快感”なのか、解説しよう。

>>デザインも一新! トヨタ 新型アクアの新機能と内外装を写真で見る[画像26枚]

目次[開く][閉じる]
  1. ニッケル水素電池の刷新で、先代比約2倍のバッテリーパワーになった新型アクア
  2. 世界に先駆け発展したトヨタ式の高効率なハイブリッドシステムだが、昨今は対抗勢力の日産 e-POWERなども台頭
  3. ライバルの日産 ノートを強く意識!? 新型アクアの「快感ペダル」のユニークなポイントは2つ

ニッケル水素電池の刷新で、先代比約2倍のバッテリーパワーになった新型アクア

フルモデルチェンジしたトヨタ 新型アクアには、ハイブリッドシステムの駆動用主電池として、新開発のバイボーラ型ニッケル水素電池が搭載された。

先代アクアもニッケル水素電池だったが、バイボーラ型は集電体などの部品点数を減らしたシンプルな構造とし、抵抗を減らすとともに、より大電流が一気に流れるようにした点が新しい。

また同時にコンパクト化を実現したことから、その分のセル数(電池数の単位)も増やすことが可能となった。結果として、従来型比で約2倍の出力を得ることが出来た点が、新型アクアでの大きな変化ポイントである。

そして新型アクアでは、新型バイボーラ型ニッケル水素電池によって得られた利点を「快感ペダル」というキャッチーな(そしてちょっと謎な)名称をキーにして紹介している。

世界に先駆け発展したトヨタ式の高効率なハイブリッドシステムだが、昨今は対抗勢力の日産 e-POWERなども台頭

トヨタ式とホンダ、日産式のハイブリッドシステムの違いは「加速感」にあり!?

そもそもハイブリッドとは、エンジンの駆動にモーター駆動で補助することで効率を高め、燃費を向上させる技術だ。中でもトヨタのハイブリッドシステム「THS-II」は、エンジンとモーターによる巧みな協調制御を得意とし、他社を圧倒する低燃費性能を誇っている。

いっぽうで、エンジンは主に発電を担い、中速域まではモーターだけの駆動とするホンダのe:HEV(イーエイチイーブイ)や、低速から高速まで全域でモーター駆動のみとし、エンジンは完全に発電役に徹する日産のe-POWER(イーパワー)のようなタイプも出てきた。

これらのハイブリッドシステムは、モーターだけで走る電気自動車(EV)に近い、低速からパワフルでスムーズな加速感覚が得られるのが特徴。これが、従来のエンジン車とはちょっと違う“気持ち良さ”があるのだ。

トヨタ式の場合もモーターによる力強い補助があるものの、アクセルを踏み込んでエンジンの回転が上昇していくことで、さらにパワーが得られる。これは従来からのエンジン車に近い自然な感覚だが、近年はホンダや日産のようなタイプが評判を得るようになってきていた。

ライバルの日産 ノートを強く意識!? 新型アクアの「快感ペダル」のユニークなポイントは2つ

【快感ポイント1】まるでEVのよう! 低速からパワフルでスムーズな加速感覚が得られた

2016年、コンパクトカーのノート(先代モデル)に初採用された日産のe-POWERは同社のEVモデル、リーフの技術を用いたことと相まって、このモーター駆動の気持ち良さを前面に押し出し、先進性をアピールした。

先代アクアでも、極低速域では電気だけで走るEV走行領域があったが、感覚的にはせいぜい時速20キロも出すとエンジンが同時に回りだしていた。

しかし今回新型アクアでは、前述の通りパワフルになった新型バイボーラ型ニッケル水素電池を採用した。これにより、時速40キロ前後の街乗り領域までEV走行可能となった。日産 ノートのように、低速からパワフルでスムーズな加速感覚が得られるのだ。

これが最初にお伝えした「快感ペダル」のひとつめのポイントである。

【快感ポイント2】アクセルを踏みかえず減速出来る「ワンペダルドライブ」を実現

再び日産 ノートの話題に戻る。パワフルな加速感を売りにした先代のノート e-POWERだが、もうひとつの特徴を持っていた。エンジン車でいうところのエンジンブレーキに相当する「回生ブレーキ」(減速時のエネルギーをモーターで回収する仕組み)が、モード切替によってはかなり強力に効かせることが出来たのだ。

どのくらい強力かというと、アクセルを戻したらブレーキを踏まずとも停止状態までいける「ワンペダルドライブ」を実現させたほど。これを日産では「e-POWER Drive(イーパワードライブ)」と呼びアピールしていた。

新型アクアの走行モードには「ノーマル」「エコドライブモード」に加え「POWER+モード」が設定された。これがまさに「ワンペダルドライブ」可能なモードとなっていた。

ノーマルモードに比べ、アクセルオフ時の減速感は約2倍。トヨタによると、ペダルの踏みかえ頻度も4割減り、運転時の疲労軽減にも役立つとしている。

トヨタが日産 e-POWERに闘志むき出し!? 新型アクアのワンペダルドライブには期待大だ

トヨタは今回の新型アクアで、日産 ノート e-POWERを相当に強く意識し開発を行っていたことがうかがえる。なにせ先代ノートは、e-POWERの投入直後の2016年11月、乗用車販売台数ランキングで1位を獲得しているのだ。日産としては30年ぶりの快挙である。

かつて1位の常連だったトヨタ アクアからすると、これは相当な衝撃だったに違いない。果たして新型アクアの走行フィーリングはどのようなものなのか、こちらは今後の試乗レポートを楽しみに待ちたい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
34万円305万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる