【ホンダ オデッセイ 新旧比較】ほぼモデルチェンジ! 注目したいのは、目や触感で常に上質さを楽しめるよう工夫された内装デザインだ

画像ギャラリーはこちら
2020年11月5日(木)、ホンダの上級Lサイズミニバン「オデッセイ」がマイナーチェンジを実施した。外観から内装に至るまで多岐に渡るデザイン変更などを伴う大規模なものだった。

ここで改めて新旧のオデッセイの各実車を比較。大きく迫力を増したフロントデザインや存在感を高めたリアデザインが話題だが、注目したいのは内装デザイン。向上した内装の質感が、触感や目でも常に楽しみやすいように工夫されているのだ。

新旧モデルの写真と共に、新型オデッセイの内外装をチェックしてみよう。

>>イメージ一新! 新旧のホンダ オデッセイを写真で比較する[画像100枚超!]

車格に相応しい重厚感を与えつつ「エバリ顔にはしたくなった」と開発者が語った新型オデッセイの外装デザイン

もはやフルモデルチェンジと言っても気付かないほど、新型オデッセイはイメージを一新した。特に新旧で大きく変わったのはフロントデザインだ。ただしライバルとされる「トヨタ アルファード」や「日産エルグランド」などにある、メッキをふんだんにあしらったど派手なグリルというほどではない。

新型オデッセイの開発者も『車格に相応しいワイド感とシャープさを狙ったが(ライバル車のように)えばった顔にはしたくなかった』と語っていた。

従来型のオデッセイも高級感のあるフロントデザインだったが、新型ではボンネットフードの高さを70mmアップ。丸みを帯びた従来型から比べると、四角く重厚感あるスタイルに変化したのが、写真を見比べてもわかるだろう。349万5000円から458万円(消費税込)という、比較的高額な新型オデッセイの価格帯に相応しい上質さを得ている。

テールランプを大型化し、車格に相応しい重厚感を与えたリア回り

リア回りも大きく変化。テールゲートの形状もやや垂直になり、フロント同様に直線基調のデザインとなった。リアコンビランプはフルLED化されたが、あえて薄型にはしていない。むしろ大型化したことで、車格にマッチした雰囲気を高めた。

従来型オデッセイは、左右がガーニッシュでつながったウィング状でワイド感や軽快さを表現していた。これに対し新型オデッセイは左右で独立した形状としたことで、従来型に比べ重厚な印象を強めるのに役立っている。

目からも感触からも上質さを実感!? 新型オデッセイで注目したい内装デザイン

新型オデッセイは内装もイメージを大きく変えた。

まず目に入るのは大きくなったセンターディスプレイ。従来型オデッセイが7~9インチのセンターモニター画面(ナビゲーションシステム)だったのに対し、新型オデッセイは10インチの画面を新採用している。

また新型オデッセイではインパネ自体の形状も変更され、随分とすっきりした印象になった。そこには、開発者の明確な狙いが込められていた。

木目パネルとソフトパッド素材を上下で反転したことで得られた、新たな効果とは

新旧オデッセイの内装を見比べると、木目調パネルの位置関係が上下で逆転していることがわかる。従来型では光沢のある仕上げとしていた木目も、新型ではスッキリと光沢を抑えた表現としながら、領域を上下左右に拡大。モダンな雰囲気が随分と増した。

一方で、インパネ上部に配置していたソフトパッド素材は、新型では手前(下部)の位置に変えている。

新型オデッセイの開発者に聞くと、この変更には単に見た目の変更だけでない狙いがあるという。『手に振れやすい場所にソフトな素材を与えながら、高い位置へ木目を配することで、日常的に上質さを実感することが出来るデザインにした』というのだ。

運転時には、前方視界の片隅にはスッキリした木目パネルが目に入る。またエアコンやシフト操作などの際には、ソフトパッド素材へ手が触れる。新型オデッセイで向上させた上質さを、自然と目や触感で体感出来るよう仕込んだ、という訳だ。

ジェスチャーでドアが開閉!? ただし左右と後部では動作の作法が異なる

新型オデッセイでは新機能も追加している。中国向けオデッセイで先行採用されていた「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を国内にも初導入した。これは、スマートキーを所持し窓枠に表示されるLEDの流れる光(静電センサーが仕込まれている)に手をかざすことで、ドアノブに触れることなくパワースライドドアの開閉が出来るという楽しい仕掛けだ。

いっぽうでテールゲートには足先を出し入れすることで開閉出来る「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を新採用している。

欲を言えば、それぞれスライドドアとテールゲートに両方の機能がプラスされるともっと便利になりそうだ。こちらは今後の改良に期待したい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・島村 栄二・森山 良雄・Honda]

ホンダ/オデッセイ
ホンダ オデッセイカタログを見る
新車価格:
349.5万円458万円
中古価格:
19.8万円473.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ オデッセイの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ オデッセイのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ オデッセイの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ オデッセイの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ オデッセイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる