フォード 新型マスタング(2015年モデル・フルモデルチェンジ)試乗レポート/九島辰也(1/2)

  • 筆者: 九島 辰也
  • カメラマン:フォード・ジャパン・リミテッド
フォード 新型マスタング(2015年モデル・フルモデルチェンジ)試乗レポート/九島辰也
フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング フォード 新型マスタング GTクーペプレミアム(5リッターV8エンジン搭載) フォード 新型マスタング GTクーペプレミアム(5リッターV8エンジン搭載) フォード 新型マスタング GTクーペプレミアム(5リッターV8エンジン搭載) 画像ギャラリーはこちら

生誕50周年を迎えたマスタングがフルモデルチェンジ

フォード 新型マスタングフォード 新型マスタング

「フォード マスタング」がフルモデルチェンジを遂げた。

ご存知では無い方も居られるかもしれないが、新型マスタングは昨年12月にスタイリングを全世界に向けてほぼ同時に発表し、その後初代マスタングがデビューした4月17日の週をバースデーウィークとして北米で数々のイベントが実施された。というのも、このクルマは今年50周年。大きな節目を迎えたからだ。

そして、このタイミングでフルモデルチェンジなのだから実に良く出来ている。しかも、市場は世界。ご存知“ワン・フォード”のスローガンのもと、世界中のマーケットで販売される。

日本にいるとわからないが、実は「マスタング」はこれまで世界では売られていなかった。時代によっても異なるが、北米とその他一部のエリアというのがこれまでのマーケットだ。幸い日本は、かつてニューエンパイヤモータースや近鉄芝浦自動車などが輸入販売していた。その意味では恵まれた環境だったと言える。

2015年モデルは5リッターV8に加えて直4「エコブースト」エンジン搭載車もラインナップ

新型マスタング 試乗会にて九島辰也氏

そして、2015年型 新型マスタングである。

見た目は前述したとおり、すでに発表されたままのエクステリアだ。好評な現行型を進化させ、よりアグレッシブな装いとなった。以前見たときは少しアストンマーチン似とも思ったが、今回はそうではなかった。

マスタングらしいグリルとヘッドライトとの位置関係、ドアの形状、ルーフの絞り込みやリアフェンダーの膨らみは、60年代のファーストマスタングから綿々とつながるアイデンティティを感じさせる。2ドアクーペのひとつの理想型とも言えそうだ。

今回の試乗は、5リッターV8エンジンを積んだ「GTクーペプレミアム」と、2.3リッター直4の「エコブーストクーペプレミアム」。

リアエンドにGTのエンブレムが付くのが前者で、後者はフロントと同じポニーのエンブレムが躍る。ちなみに、3.7リッターV6もラインナップされているのだが、今回の試乗には用意されなかった。

というのも、メインはあくまでこの2モデルで、仕向地によって3.7リッターV6が加わったりするとのこと。ちなみに、アメリカの広報担当者に聞くと意外にも(?)北米のV6人気は高いそう。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

フォード マスタングの最新自動車ニュース/記事

フォードのカタログ情報 フォード マスタングのカタログ情報 フォードの中古車検索 フォード マスタングの中古車検索 フォードの記事一覧 フォード マスタングの記事一覧 フォードのニュース一覧 フォード マスタングのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる