まるでおじいちゃんの家のようなあたたかさ! 佐野ラーメンの老舗「鈴木食堂」【昭和の風景を探す旅 VOL.4】

画像ギャラリーはこちら
失われつつある“昭和の景色”を求め日本を巡る「昭和の風景を探す旅」。第4弾は、古きよき昭和な街並みが残る栃木県佐野市で、半世紀以上にわたり地元に愛されてきたラーメン店「鈴木食堂」をお送り致します。懐かしい調度品で溢れた店内や店主の雰囲気、まるで実家や親戚の家に訪ねたような「あたたかさ」を感じました。

>>とにかくエモい! 風情ありすぎる佐野ラーメン店を画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. 昭和の風景を探す旅のアシは、おなじみのスカイライン!
  2. 佐野ラーメンとは?
  3. 佐野ラーメンの超老舗、鈴木食堂
  4. また来よう、来なくては、と思わせるお店

昭和の風景を探す旅のアシは、おなじみのスカイライン!

このコーナーでは昭和な風景を求めていろいろな場所に出かけていますが、昭和60年(あえて1985年とは言わない)の7代目R31型日産 スカイライン・セダン1800G(直4エンジン、5速MT、パワステ無し)に乗って行くこともしばし。昭和40〜50年代の旧車ではありませんが、昭和末期の絶妙なレトロ感にもマッチするのが魅力(?)です。足回り、エンジン、エアコンなど広範囲に手を入れて直しており、現在絶好調!

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
19.8万円598.2万円

佐野ラーメンとは?

地域名を冠したご当地ラーメンの中でも、関東地方では知名度抜群の「佐野ラーメン」。歴史は大正時代まで遡ります。

栃木県佐野市にあった洋食屋に在籍していた中国人シェフから、青竹踏み製麺を伝授された小川利三郎氏が、昭和5年に開業した中華そば屋が始まりとのこと。長いこと地元のローカルラーメンとして隠れた存在でしたが、有名になったのは昭和の末期でした。

ゴルフ客が口コミで「佐野のラーメンは美味い」という評判を広めたため、町おこしとして「佐野らーめん会」が発足されて活動を開始。今やご当地ラーメンを代表する「ブランド」になり、現在では佐野市を中心に200軒以上の佐野ラーメン店が生まれています。

佐野ラーメンの特徴は、青竹踏み製法で作られた麺、醤油ベースのスープ、なるとやメンマ、刻みネギ、チャーシューなどのベーシックなトッピングですが、厳密な定義はなく、店によって麺の打ち方や種類、スープ、トッピングも実に多種多様。店ごとの味の違いを楽しむこともできます。

佐野ラーメンの超老舗、鈴木食堂

今回訪問したのは、佐野らーめん会に属する67店舗(令和元年8月現在)のひとつ、「鈴木食堂」。ズバリ、佐野ラーメンが今のような「ご当地フード」として脚光を浴びるかなり前から、ずっとこの地で経営している「超老舗」です。

佐野市の中心部から外れた県道沿いにひっそりと建っており、「手打ちラーメン」の小さな看板がなければ通り過ぎてしまいそう。ようやく見つけて駐車場にクルマを滑り込ませると、作られた古さではない「本物のレトロ(変な言い回しですが)」な建物が目に入ります。真新しい暖簾が、お店の元気さを示しているようでした。

味気の無いアルミサッシ扉をガラガラと開ければ(そう、木戸だけが昭和にあらず。高度成長期〜昭和50年代は、こんな“味気の無いサッシ”が主流だったのです)、店内も期待に違わぬレトロさ。昭和初期の家屋のような作りではなく、合板の壁、細工が施されたサッシのガラス、扇風機などに、昭和40〜50年代テイストが炸裂。そういえばウチの実家、こんな感じだなあ、って思う人も多いかと思います。

トドメが奥の座敷。和風の畳敷きにレース風のテーブルクロスをかけたテーブル、暖房にはやかんを載せた石油ストーブ……。こりゃー、完全に親戚のおうちです(笑)。

大きなチャーシューがウマイ!“チャシュウメン” 1000円

しかも、ここの店主がまた良いのです。まさに「親戚の家にいたおじいちゃん」のよう。かなりのご年齢だと察せられますが、注文をすると元気な声でカウンターの奥から顔を出します。優しい声で「チャーシュー、美味しいですよ、国産ですから」とオススメされたので、「大チャーシュー麺(この店ではチャシュウ麺)もいいなあ」と返したところ、「かなり大きいよ」とのこと。そこで、普通のチャーシュー麺(1000円)をチョイスしました。

待つことしばし、テーブルにチャーシュー麺が運ばれてきました。たしかに普通盛りでも十分な大きさです。透き通ったスープの上には、ほうれん草、なると、めんま、長ネギ、そして見るからに美味しそうなチャーシューが何枚も載り、麺が見えません(笑)。ごくりと唾を飲み込み、固めに茹でられた中太ちぢれ麺を箸ですくいあげ、むさぼるように口に運びました。むむ、これはウマイ。スープは甘めの醤油ベースで、濃すぎずさっぱりしすぎずの良い塩梅。店主オススメのチャーシューは味付けもよく、たしかに美味しかったです。

また来よう、来なくては、と思わせるお店

訪問日は寒かったこともあり、ラーメンの美味しさと店主のあたたかみにすっかり心も体も温まりました。今回はチャーシュー麺を頼みましたが、メニュー表にはタンメンや味噌ラーメンの文字も。頑張って働いている店主のためにも、ぜひまた来て美味しいラーメンを食べよう、と思いました。その時は座敷かなー。あっ、でも居心地よくて、長居しちゃいそうです!

今回のお店詳細

鈴木食堂

〒327-0805 佐野市犬伏中町1925

電話番号 0283-22-2293

営業時間 11:30~14:00 17:00〜20:00

月曜定休

▼懐かしのR31型スカイラインで今まで訪れた場所はこちら!▼

[筆者:遠藤イヅル]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる