N-BOX一強時代は終わるのか!? ムーヴキャンバスなどハイトワゴンにスライドドアを持つモデルが新たな人気車となる

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
軽自動車のニーズが変わりつつある。ホンダ N-BOXなどに代表されるスーパーハイトワゴンが相変わらず圧倒的に支持されているが、ひとまわり小さなサイズのハイトワゴンが再び注目が集まりつつあるのだ。しかも後席にスライドドアを持つダイハツ ムーヴキャンバスに代表されるモデルたちである。そこで今回は変化しつつある最新の軽自動車市場をご紹介。もしや今こそ大変革期かもしれないのだった。
目次[開く][閉じる]
  1. ハイトワゴンモデルの人気再燃!? その鍵はスライドドアにアリ
  2. 全高を抑えたモデルが欲しいニーズが急増!? ワゴンRサイズのモデルがシニアや単身車から支持
  3. 今こそ軽自動車業界が再編される時!? 時代はハイトワゴンのスライドドアモデルだ

ハイトワゴンモデルの人気再燃!? その鍵はスライドドアにアリ

今や新車市場の約4割を占めるほど大きなマーケットとなった軽自動車。冒頭に述べた通り、その筆頭は背が高く、それでいて後席にスライドドアを持つスーパーハイトワゴンが圧倒的な人気を誇っている。その筆頭がホンダ N-BOXであり、スズキ スペーシア、そしてダイハツ タントである。

2011年に初代N-BOXが登場するまでは、軽自動車のメインストリームはスズキ ワゴンRやダイハツ ムーブといったハイトワゴンモデルたちであった。アルトやミラといった古くからある軽自動車とは異なり、車内スペースを拡大し、とくに後席スペースが広いとあって、軽自動車の革命時的存在であったのだ。

>>ワゴンRがなかったら今の軽はない! 革命を起こした超名車【偉大なクルマたち】

全高を抑えたモデルが欲しいニーズが急増!? ワゴンRサイズのモデルがシニアや単身車から支持

その後、さらに背が高く、後席にスライドドアを持つモデルたちへとニーズが変化していったのだが、今原点回帰ともいえる現象が起きつつあるのだった。それがムーヴキャンバスという存在だ。ハイトワゴンのムーヴをベースに、サイズをそのままに後席にスライドドアを採用した、いわばハイトワゴンとスーパーハイトワゴンモデルのいいとこどりをしたイメージである。今やムーヴ全体の6割以上を占めるほどの人気を集めている。

これほどまでに支持されている理由はサイズにある。都内近郊のダイハディーラーによれば「タントなどのスーパーハイトワゴンでは大きすぎる。ムーヴサイズでスライドドアが欲しい」というユーザーがかなり多いのだという。

>>ムーヴよりも売れているムーヴキャンバス! 程よいサイズにスライドドアが大ウケも、新型モデルはカスタムモデルに期待【ディラーの声を聞いてみた】

ワゴンRサイズでスライドドアを! ちょうどいいサイズのモデルを切望

かつて筆者は2017年までスズキの新車ディーラーに勤めていたのだが、数多くのお客さんから同様の意見を頂戴した経験がある。たしかに全高1800mm程度の高さは大きすぎるというのも納得であり、もっといえば子育て世代は別だが、シニア世代などはもう少し背の低いモデル。それでいてスライドドアを持つモデルが欲しいというのは至極真っ当な意見のようにも思える。

未だムーヴキャンバスにライバルは不在であるが、このパッケージングこそこれからの軽自動車界を大きく変える存在となるかもしれないのだ。

今こそ軽自動車業界が再編される時!? 時代はハイトワゴンのスライドドアモデルだ

にもかかわらず、なぜライバルが不在なのか? かつて三菱は2000年代前半に当時のeKワゴンをベースにスライドドアを持つモデルをラインアップしていた。実際に乗ってみると、スライドドアの開口部は大人が乗り降りするには狭く、使い勝手も正直に言えばイマイチであった。

そのため一台限りでスライドドアを持つeKワゴンは姿を消してしまったわけだが、現在この市場を牽引しているムーヴキャンバスは大人でも十分に乗り降りができる開口部を確保している。20年近い年月で、軽自動車そのものの設計が見直され、スペース効率が大幅にレベルアップしてるわけだ。

それだけに、ムーヴキャンバスに限らず、他のメーカーもこのカテゴリーに参入してほしいところ。軽自動車を得意とするスズキやホンダの動向に注目したい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
127.6万円175.5万円
中古価格:
73.8万円220万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 四季彩一力

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ダイハツ ムーヴキャンバスの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ムーヴキャンバスのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ムーヴキャンバスの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ムーヴキャンバスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる