令和の今でも乗りたいオシャレな軽スポーツ! 1990年代に登場した「軽ABCトリオ」を振り返る

画像ギャラリーはこちら
現在ではもうすぐ生産を終了するホンダ S660と、2014年に2代目へとフルモデルチェンジしたダイハツ コペンが人気の軽自動車スポーツ。かつては今よりも軽スポーツは若者に人気があった。
目次[開く][閉じる]
  1. 左右のドアにガルウイングを採用したマツダ(オートザム)AZ-1
  2. 一般道でも走る楽しさを味わえたホンダ ビート
  3. チューニングのベースとして今でも人気のあるスズキ カプチーノ

左右のドアにガルウイングを採用したマツダ(オートザム)AZ-1

そんな1990年代に相次いでデビューしたのが、それぞれの車種の頭文字をとって「軽ABCトリオ」と呼ばれた3台だ。A=マツダ(オートザム) AZ-1、B=ホンダ ビート、C=スズキ カプチーノを紹介したい。

当時、マツダは5チャンネル化しており、軽自動車や小型車を中心に扱っていたのがオートザム店だった。AZ-1はそのオートザムの名を冠し登場した軽2シータースポーツだ。

最大の特徴は左右のドアにガルウイングを採用していたこと。ガルウイングドアを採用した国産量産車はAZ-1とトヨタ セラの2車種のみだ。

シート後部に搭載されるエンジンはスズキのアルトワークスに搭載された直3ターボを採用し、足回りもアルトワークスから流用されていた。

ただ特殊なクルマであったことから販売台数は伸び悩み、ABCトリオの中で最も希少性が高い。現在の中古車価格は190万円〜356万円となっている(MOTA調べ・以下同)。

一般道でも走る楽しさを味わえたホンダ ビート

1991年から1996年まで販売されていたビートはオープン2シーターの軽自動車だ。量産車としては世界初となるミッドシップでフルオープンモノコックボディを採用。軽自動車として初めて四輪ディスクブレーキや前後ともストラット式サスペンションを用いた。

ビートに搭載されたエンジンは、8100rpmで自主規制いっぱいの64馬力を発生するパワーを発揮。一般道でもエンジンを回して走る楽しさを味わえるモデルだった。

その結果、軽ABCトリオの中で最も販売台数が多いモデルとなった。現在の中古車価格は49万円〜364.3万円となっている。

チューニングのベースとして今でも人気のあるスズキ カプチーノ

スズキ カプチーノは軽自動車の中では珍しいFRスポーツで、スポーツカーの伝統であるボンネットが長いロングノーズ・ショートデッキなスタイルが特徴だ。

搭載エンジンは1991年のデビューから1995年4月までは3代目アルトワークスと同じ、1995年5月のマイナーチェンジで4代目アルトのワークスRS/Zが採用するオールアルミ製ターボエンジンに変更された。

またエンジンを縦置きすることで生まれた左右スペースを活かし、サスペンションは軽自動車初の四輪ダブルウィッシュボーンを採用していた。

前期型も車両重量700kgと軽ABCトリオの中で最軽量だったが、マイナーチェンジで車両重量は690kgまで軽量化され、チューニングのベースとなることが多い。そのため、今でも人気のモデルのひとつで現在の中古車価格は70万円〜215万円となっている。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ホンダ/ビート
ホンダ ビートカタログを見る
新車価格:
152.7万円152.7万円
中古価格:
50万円358.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ビートの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ビートのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ビートの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ビートの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ビートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる