左ハンドル車が日本で激減した理由。そもそも日本で左ハンドルって必要なの?

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
目次[開く][閉じる]
  1. なんでわざわざ不便な左ハンドルに乗るの?
  2. 日本に合わせてくれるのは嬉しいけれど
  3. 関連記事

右ハンドルしか選べなくなりつつある輸入車

このところ輸入車はほぼ右ハンドルが選べるようになってきた。選べるようになってきたというよりも、右ハンドルのモデルしか日本では設定がないクルマが多い状態だ。もちろん本国では左ハンドルのみだから、右ハンドルはイギリスなどの国向けと一緒ということだろう。あのポルシェでさえも、右ハンドルしか入ってこないモデルが大半で、左ハンドルを選べるのはごくわずかだ。

ちなみにイギリス以外で右ハンドルといえば、オーストラリアやニュージーランドといった旧英国領や、タイ、マレーシア、ミャンマー、インド、バングラデシュなどの東南アジア、さらに香港やマカオ、そして遠く南アフリカがそうだったりする。

やっぱり左で乗りたい? 輸入スポーツモデルを写真でチェック

なんでわざわざ不便な左ハンドルに乗るの?

ひと昔前までは『輸入車=左ハンドル』で、それ自体がステータスだった感もあるけれど、やっぱり左側通行の日本においては、不便なことも多かった。それを踏まえたうえで、「わざわざ左ハンドルに乗っている」というのが、ある意味イキだったのかもしれない。

それに、かつて欧州車やアメ車の車両開発と言えば、まずは当然のように左ハンドルが優先で、右ハンドルはその次。右ハンドルはトランスミッションが足元に張り出していてペダルのレイアウトが悪く操作しづらいなど、性能に差がある場合も。だから選ぶならば左ハンドルがいいなんてことも、輸入車好きの間ではまことしやかに囁かれていたものだ。

右ハンドルばかりになってきたのはなぜ?

冒頭で書いた通り、今や日本での輸入車はというと右ハンドルが大勢を占めている。もはやハンドルの位置自体に性能的な有意差がなくなったか、少なくなったのだろう。

クルマは、配線やパイプの取り回しなど、機構的に見ると左右対称ではない。しかし今や、操作系とその対象(例えばアクセルペダルとエンジンスロットル)とは、物理的にではなく電気的に接続されるようになっていたり、車内の情報の通信速度自体が上がったりすることで、メーカー的には右でも左でも変わらない。ということになったのだと思う。

メーカー、そしてインポーター的には、同じ車種・グレードでも右ハンドルと左ハンドルを用意するのは大変なことだし、ディーラーでも対応するのは面倒なことだろう。当然、右ハンドルの方が、日本の道路や駐車場では使い勝手がいいのは言うまでもない。左ハンドルが減るのは仕方のないことなのかもしれない。

スープラは右ハンドルなのにウインカーは左

スポーツカー界隈を賑わせているトヨタ GRスープラだが、右ハンドルなのにウインカーは左側についている。いわゆる輸入車の右ハンドル仕様と同じ状態だ。ご存知の通り、BMW 新型Z4と同時に開発された兄弟車であり、生産はオーストリアのグラーツにあるマグナシュタイヤー社で行われている。

またスープラの開発主査である多田哲哉氏いわく、コストの問題もあるという。右にウインカーを移設すれば、当然部品を新たに開発し、生産しなければならない。しかし走りにフォーカスしたGRスープラだから、それ以外のところに余計なコストを掛けたくなかったそうだ。国産のトヨタでありながら、海外生産という形をとるGRスープラだからこそ、こんなレイアウトになったというわけだ。

日本に合わせてくれるのは嬉しいけれど

輸入車好きとしては、左ハンドルは「現地の薫り」というか、ヨーロッパの雰囲気がそのまま体感できる要素のひとつで心地いいもの。オーナーとして慣れてしまえば、ハンドルの左右自体は大した事ではないとも思うのだ。クルマを停車させるときは、左に寄せやすいなんてメリットもある。

しかし実際には不便であることが多いのは否めない。都心の駐車場でも、左ハンドル向けに発券機や精算機を用意しているのはそれほど多くないだろう。そしてご想像の通り、右折では死角も少なくない。

とはいえ、今後日本に入ってくる輸入車が、「すべて右ハンドル」になってしまうなんてことがないことをお願いしたい。お箸も上手で、丁寧語や謙譲語も操れるような日本に染まりすぎちゃっている外国人のような気がしちゃうからだ。

[筆者:MOTA編集部/撮影:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW Z4の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW Z4のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW Z4の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW Z4の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW Z4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる