MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場|フェラーリ史上最強のV8オマージュモデル

新型車リリース速報 2019/6/26 13:44

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場|フェラーリ史上最強のV8オマージュモデル

関連: フェラーリ Text: MOTA編集部 Photo: MOTA編集部
フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場
フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場画像ギャラリーはこちら

フェラーリ 新型F8 Tributoを発表

フェラーリは2019年6月25日、新型「F8 Tributo」のジャパンプレミアを東京都現代美術館で開催した。価格は3245万円。ジュネーブモーターショーで同年3月に発表以来、待ち望まれていたお披露目となった。

フェラーリ

会場にはF8 Tributoのほか、V8エンジン搭載シリーズの最初のモデルである1975年製の「308GTB」や、最も有名なV8モデル「F40」、そしてF8 Tributoに搭載されるV8ターボエンジンがイベントのシンボルとして展示された。

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場

>>リアウインドウからエンジンが透けて見える! F8 Tributoの内外装を画像で見る(17枚)

F8 Tributoの主な特長

488 GTBの後継モデル

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場

F8 Tributoは「488 GTB」の後継モデルとなっており、全面的な見直しの結果、限界域での操縦性能および快適性が向上した。先代モデルより最高出力が50PS高められ、さらなる軽量化も達成。エアロダイナミック効率が10%上回るほか、最新バージョン(6.1)のサイドスリップアングルコントロールシステムを搭載している。

透けて見えるエンジンルーム

F8 Tributoの大きな特徴として、新型レキサン製リアウインドウを透してエンジンルームが見えることが挙げられる。これは、フェラーリの最も有名なV8モデル「F40」の特徴的なデザイン要素を現代的にアレンジしたものである。

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場

またスポイラーは、テールライトを包むことで、視覚的に車輌の重心位置を下げ、ツインライトクラスターとボディカラーのテールパネルというクラッシックなテール構成を蘇らせた。これは伝説となっているこのシリーズ最初のモデル、1975年製308 GTBをはじめとする初期のV型8気筒ベルリネッタのシンボルのひとつである。

キャビンのデザイン

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場

F8 Tributoのキャビンのデザインは、基本的にはドライバー重視のクラシックなコックピットデザインを踏襲しているが、ダッシュ、ドアパネルおよびトランスミッショントンネルなど、個々の要素はすべて再設計されている。

また新世代 HMI(ヒューマンマシンインターフェース)に加え、円形エアベント、新型ステアリングホイールおよびスイッチ類、さらには新型7インチのパッセンジャータッチスクリーンディスプレイなどが装備されている。

エンジンとエアロダイナミクス

最優秀賞に選ばれたV8エンジン

フェラーリ 新型「F8 Tributo」が登場

F8 Tributoは720PSという圧倒的な最高出力と、1リッターあたり185PSという記録的な出力を誇る、スペシャルシリーズを除くフェラーリ史上最もパワフルなV8エンジンを搭載している。

総排気量3902ccのV8エンジンは2016年から2018年と、3年連続でインターナショナルエンジン・オブザイヤーの「最優秀エンジン」に輝いたうえ、2018年には、過去20年にわたる歴代「最優秀エンジン」の中で最も優秀なエンジンを選出する特別賞、「ベストオブベスト」も受賞している。

エアロダイナミック効率

F8 Tributoのエアロパッケージにはサーキットで培われた経験が注ぎ込まれており、エンジンの熱管理に関するいくつかの機能を488 Pistaから受け継いでいる。

フェラーリスタイリングセンターでデザインされたF8 Tributoは、優れたパフォーマンスと卓越したエアロダイナミック効率というフェラーリならではの特徴を新たなデザインアプローチで継承しているのだ。

またフロント部には488 Pistaで初めて導入された S-Ductを備えており、このエリアの広範囲にわたる再設計によってデザインが一新されている。これにより、488 GTBよりも増大した総ダウンフォースにおける S-Ductの貢献度は15%まで向上している。

40kgの軽量化を実現

F8 Tributoは、ターボラグを全く感じさせることなく720PSの出力を発揮し、同時に刺激的なエグゾーストサウンドを奏でる。「RACE」ポジションで最新バージョンのフェラーリダイナミックエンハンサー(FDE+)を作動させるという初の試みも、走りの性能に磨きを掛けているひとつの要因となっている。

また軽量化に力を注いだ結果、F8 Tributoの乾燥重量は488 GTBよりも40kg軽くなり、キャビンの快適性はそのままに応答性能とドライビングプレジャーが強化された。

[筆者・撮影:MOTA編集部]

主なスペック

■全長:4611mm

■全幅:1979mm

■全高:1206mm

■重量:1330kg(軽量オプション装備車)

■エンジン型式:90° V型8気筒ターボ

■総排気量:3902cc

■最高出力:720PS/8000rpm

■最大トルク:770Nm/3250rpm

■0~100km/h加速:2.9秒

■0~200km/h加速:7.8秒

■最高速度:340km/h

■価格:3245万円(消費税込み)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

フェラーリ の関連編集記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR