autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型523iツーリング 試乗レポート

試乗レポート 2010/10/14 13:13

BMW 新型523iツーリング 試乗レポート(1/4)

関連: BMW 5シリーズツーリング Text: 菰田 潔 Photo: オートックワン編集部
BMW 新型523iツーリング 試乗レポート

モデルコードはF11

新型BMW523iツーリング

BMWのルーティンに沿って、今回の5シリーズもセダンの後にツーリングが登場した。

BMWのモデルコードでは5シリーズセダンはF10、ツーリングはF11になる。ちなみにF12は6シリーズカブリオレ、F13は6シリーズクーペということになっているが、まだ発売されてはいない。

後席はセダンよりも快適かもしれない

新型BMW523iツーリング
新型BMW523iツーリング新型BMW523iツーリング

5シリーズツーリングは、Bピラーから前はセダンと同じだが、それより後ろはツーリング専用ボディになる。

リヤドアのパネル部分は共通だがサッシュ部分は別デザインで、後ろに行くに従って低くなるセダンより乗り降りしやすい。したがってCピラーの形状もまったく異なる。

Dピラーのところでリヤサイドウインドウが持ち上がる形状は、BMWデザイナーのホフマイスター氏が考案したもので、ホフマイスターキンクと呼ばれBMWのDNAとしてこのツーリングにも生かされている。先代の5シリーズ(E60)のダイナミックなデザインから、今回は少し大人しくなったがエレガントさは強調されて、上級車種のイメージが強い。

ツーリングになって真っ直ぐ後ろに流れるようなデザインは、このフロントマスクと合っていると思う。リヤゲートの2ウェイオープン方式は先代から引き継がれている。小さく軽い荷物はガラス部分だけ開けられるので狭いところでも楽だ。

進歩したのはラゲッジカバーが2ウェイどちらでも自動で開閉するシステムを全グレードで使えるようになったことだ。前席はセダンとまったく同じ感触であるが、後席はセダンより快適かもしれないと思った。ルーフは頭のはるか後ろまで延びているから直射日光が当たる心配はないし、ヘッドクリアランスもルーフが下がってこない分だけ有利である。

新型BMW523iツーリング新型BMW523iツーリング新型BMW523iツーリング新型BMW523iツーリング新型BMW523iツーリング

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 5シリーズツーリング の関連編集記事

BMW 5シリーズツーリングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズツーリング の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR