autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/日下部 保雄

試乗レポート 2011/8/2 17:43

BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/日下部 保雄(1/3)

関連: BMW 1シリーズ Text: 日下部 保雄 Photo: BMW
BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/日下部 保雄

ボディサイズは拡大したが、依然として扱いやすい

BMW 新型 1シリーズ 118iBMW 新型 1シリーズ 118i

2002年に登場したBMWのエントリーモデル「1シリーズ」は、2010年には世界で100万台を超える販売台数を記録するBMWの大きな柱へと成長した。

その1シリーズが、今年秋に開幕するドイツ・フランクフルトモーターショーから第二世代としてフルモデルチェンジされる。それに先立ち、ドイツにて国際試乗会が行われたので、さっそくそのフィーリングについてレポートしていこう。

新型1シリーズの外観デザインのイメージは、成功作の現行型を踏襲しているように見受けられるが、実際にはすべてが一新し洗練された。

もちろん、一部で噂になっていたFFではなく、BMWらしいFRを採用しているのは言うまでもない。

1シリーズと言うと他にもクーペやカブリオレのラインナップもあるが、今回フルモデルチェンジされたのは5ドアハッチバック車のみ。また国際試乗会に準備されたのは1.6リッターターボの118iのみだった。会場ではほかにも魅力的なディーゼルモデルの用意もあったが、こちらは日本には導入される予定はない。

さて、すべてを一新した新型1シリーズだが、ボディサイズは全長で85mm、全幅で17mm、ホイールべースで30mm拡大されている。特にトレッドはフロントで51mm、リアで72mmの大幅に広げられており、現行の1シリーズよりもひと回り大きくなっている。それでも全長4324mm/全幅1765mmのボディサイズは、依然として日本でも使いやすいことに変わりはない。

118i(日本では120iか?)に搭載されるエンジンは、直列4気筒の1.6リッターツインスクロールターボで、直噴、吸排気バルブタイミングコントロールのW-VANOS、可変バルブリフトのバルブトロニックとBMWらしい技術が満載だ。

最高出力は170PSで、最大トルクは250Nmを1500~4500回転までの広い範囲で出している点が特筆される。

搭載されるトランスミッションは6速MTか8速(!)ATだが、日本ではMT販売の予定はない。それにしても、1シリーズにして8速ATとは驚きだ。ただし試乗した車両はすべて6MTだったが。

BMW 新型 1シリーズ 118iBMW 新型 1シリーズ 118iBMW 新型 1シリーズ 118iBMW 新型 1シリーズ 118iBMW 新型 1シリーズ 118i
BMW 新型 1シリーズ 118i キドニーグリル[欧州仕様]BMW 新型 1シリーズ 118i[欧州仕様]BMW 新型 1シリーズ 118i[欧州仕様]BMW 新型 1シリーズ 118i ハッチゲートオープナー[欧州仕様]BMW 新型 1シリーズ 118i リアカメラ[欧州仕様]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

BMW 1シリーズ の関連編集記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連編集記事をもっと見る

BMW 1シリーズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR