ステーションワゴンでもセダン同様スポーティなアウディ 新型 A4アバント 試乗レポート(2/3)

ステーションワゴンでもセダン同様スポーティなアウディ 新型 A4アバント 試乗レポート
Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏 Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏 Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏 Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏 画像ギャラリーはこちら

ラインの美しい姿はAvantになってもキープ

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏
Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏

2月にA4セダンがフルモデルチェンジを果たしたが、もちろんA4 Avantもそれに即した内容だ。

先代比で、ボディサイズはA4と等しく、少し拡張されている。A4セダンと唯一異なるのは全高で、Avantのほうがセダンよりも25mm高いだけで、全長も全く同じだから、Cピラー以降のラゲッジ部分がまるごと荷室になったと考えていい。

しかし、デザインにおいての破たんはまるでなく、ラインの美しい姿はAvantになってもキープされているのが印象的だ。

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏
Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏

エクステリアデザインでいえば、ボンネットフードがライトの上辺まで曲線を描いて覆いかぶさるようなシェル形状になったほか、アウディ得意の「ヒカリモノ」、ライトももちろん形状を変えている。お馴染みシングルフレームグリルはより横方向に伸び、ワイドな印象をアピールした。ちなみに、エアインテーク含むバンパー部分はグレードにより異なるデザインになるので、いっとうカッチョいいヤツにしようと思ったら、もれなく高級グレードを選ばねばならないという悩ましい設定になっている。

リアビューでいえばテールパイプが左右2本出しになり、リフレクターがスポイラー上に配置された。

デザインだけでノックアウトされてしまうモード感

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏

さて注目のインテリアだが、最近のアウディらしくシンプル&クール。そっけないくらいの冷淡さが却って新鮮に、オシャレに映る。特にエアコンのダイヤルの中に温度が表示されるフォントのカッコイイことったら!3ゾーンエアコンという機能性よりもなによりも、デザインだけでノックアウトされてしまうくらいにモード感が漂うんである。ただのエアコンなのに!くぅ~!

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏

そのエアコンの操作パネルはじめ、水平基調のダッシュボードの中に必要最小限のスイッチ類を置いているから、ファッション性だけでなく、実際に使い勝手も向上しているのは喜ばしい。

このシンプル化を叶えたのはアウディに搭載されるMMIナビゲーションシステムで、タブレットのようなフレームのない画面内にはナビゲーションはもちろんのこと、最近話題のApple Carplay(USBを介して、iPhoneのアプリを画面に表示・操作できる)、ドライブセレクト、その他車両情報などが集約されている。そのため、雑多なボタン類をゴチャゴチャと外に出さなくても、センターコンソールに置かれた少しのダイヤルとトグルスイッチ、ボタンで情報や機能を階層的に掘り下げて行くことが出来るようになったというわけだ。

このセンターコンソールに置かれるコマンド類は他の欧州メーカー、たとえばBMWやメルセデス・ベンツも採用しているが、やっぱりその配置の洗練度で言えばアウディの圧勝といったところ。

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏

さらに、アウディにはTTから、バーチャルコックピットというキラーコンテンツが加わった。

これこそが先進感のファンタジスタ・アウディが最も推しに推しまくる次世代メータークラスターで、ソコにナビをそのまんま表示させるというもの。

体感するとその便利さ、使いやすさ、そして画面の美しさに息を呑む。

ちなみに、対向車や前走車には照度を下げ、それ以外は明るく照らし出すという「マトリクスLEDヘッドライト」、流れるウインカーこと「LEDリアコンビネーションライト」、室内も明るく、の「LEDインテリアライティング」、そして「ヘッドライトウォッシャー」とこの「バーチャルコックピット」がセットオプションで34万円というプライスタグなのだが、この選択がもう、まことに絶妙。

イマのアウディを買うならコレ付けんと意味ないやん!な、どれも捨てオプションなしの、コアなセレクトになっている。是非付けて欲しい。ちょっとお値段張りますが。

Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏Audi NEW A4 Avant(アウディ 新型 A4アバント) 試乗レポート/今井優杏
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

アウディ A4アバントの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A4アバントのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A4アバントの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A4アバントの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A4アバントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる