autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート SLS AMG ロードスター 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/4/6 23:48

SLS AMG ロードスター 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: AMG SLSクラスロードスター Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
SLS AMG ロードスター 試乗レポート/石川真禧照

奥ゆかしいリッチマンにお勧めしたい、SLS AMG ROADSTER

SLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTER

メルセデス・ベンツのスーパースポーツといえば、SLS AMG。

2010年6月にデビューしたそのボディは、ドアが上下に開閉するタイプ。その開いた姿が、カモメの翼のように見えることから、ガルウイングドアと呼ばれている。

そのSLS AMGがデビューしたときから、このオープンモデルは予想されていた。理由は、SLSのモデルになった、1960年代のスーパースポーツカー、300SLもガルウイングとロードスターが設定されていたからだ。

予想通り、昨年の秋にロードスターが公開された。しかも、本国での発表から約1週間後に日本でも発表された。ただし、デリバリーは2012年3月。ようやくナンバー付きの試乗車がやってきた。

SLS AMG ROADSTER

ガルウイングドアのSLSも注目を集めるスタイルだが、ロードスターも独特のプロポーションだ。

クラシックスポーツカーのようにボンネットがすごく長く、トランク部分が短い。ボンネットは2m近くもある。ここにAMGが独自に開発したV8エンジンが収まっている。

長いボンネットを眺めながらのドライビングは、スーパースポーツカーの中でも独特のポジション。ドライバーはホイールベースの中間から後方に座る。

ロードスターのルーフはファブリック。開閉はセンターコンソールのレバーで行うのだが、開閉時間は約11秒と短い。しかも50km/h以下なら走行中でも操作できる。ホロはシートの後ろにZ型に折りたたまれて収納される。トランクスペースには影響しない構造だ。

インテリアは戦闘機をイメージしている。インテリアだけでなく、SLSロードスターはいたるところに戦闘機のイメージが使われている。

SLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTER
SLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTERSLS AMG ROADSTER

AMG SLSクラスロードスター の関連編集記事

AMG SLSクラスロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLSクラスロードスター の関連編集記事をもっと見る

AMG SLSクラスロードスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!