autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート GTI対決!フォルクスワーゲン ゴルフGTI×ポロGTI 3ページ目

試乗レポート 2011/7/29 10:13

GTI対決!フォルクスワーゲン ゴルフGTI×ポロGTI(3/5)

GTI対決!フォルクスワーゲン ゴルフGTI×ポロGTI

後席の居住性とラゲッジの広さを重視するなら選択肢は限られる

ゴルフGTIポロGTI

後席の居住性とラゲッジの使い勝手もだいぶ違って、この2点こそ両車の大きな違い。

ゴルフGTIのほうが着座姿勢は自然だし、クッションに厚みがある。後席のヘッドレストは、ゴルフGTIはそのままでも座れるタイプで、ポロGTIは伸ばしてから座るタイプ。

これは前倒し時のアレンジ性を考慮してのものだろうが、こうしたあたりにも両車の位置づけとしてのVWの考え方が表れている。

さらに後述するダブルフォールディングが可能か否かも含めて、ゴルフGTIは後席の常用を前提としていることがうかがえる。開放感も、ゴルフGTIのほうがだいぶ上だ。

これは、外から見たときにゴルフGTIのほうがガラスウィンドウ面積がかなり広く見えるのだが、まさにそのとおり。ちなみに、リアサイドウィンドウを全開にしたときに、仕切りのあるゴルフGTIは前側で10cmぐらい残り、仕切りのないポロGTIは3分の1ぐらい残る。

ポロGTIも、広さとしては十分なスペースが確保されているものの、後述する乗り心地も含め、後席の居心地を重視するのであれば、おのずと選択肢はゴルフGTIになるだろう。

ゴルフGTI×ポロGTI

ラゲッジの幅、奥行き、高さの寸法、絶対的な容量は、ポロGTIでも実用上は問題ないものの、比べるとゴルフGTIの圧勝で、これは他のライバル車に対しても大きなアドバンテージといえる。

ゴルフGTIは開口部の下端から床面までかなり低く下がっているのも特徴。

また、ちょっとした長尺物を積むのに便利なように、後席のセンターが抜けるようになっているのもゴルフGTIのみだし、壁面には12V電源ソケットもある。

ただし、もっと大きな荷物を積みたい際は、後席のダブルフォールディングが可能で、フラットで大きなスペースをつくりだすことのできるポロGTIが便利そう。

ゴルフGTIは背もたれを単に前倒しするにとどまるので、けっこう大きな段差が残る。

仮の話だが、いつも後席を畳んでおいて、2シーター状態で使いたい人だったらポロGTIのほうが適するだろう。

ゴルフGTIゴルフGTIゴルフGTIゴルフGTIゴルフGTI
ポロGTIポロGTIポロGTIポロGTIポロGTI

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

フォルクスワーゲン ポロ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円