autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ アイゴ 試乗レポート

試乗レポート 2010/9/8 13:27

トヨタ アイゴ 試乗レポート(1/2)

関連: トヨタ Text: 岡本 幸一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ アイゴ 試乗レポート

欧州進出を図るために生まれたアイゴ(AYGO)

トヨタ アイゴ(AYGO)

写真だと大きさの感覚が掴みにくいかもしれないが、とにかくコンパクト。そして、とってもキュートなデザインがイイ。

アイゴは2005年のジュネーブモーターショーで発表され、大いに話題となったAセグメント車だ。

このクルマの情報はこれまでもなんとなく知っていたが、実車に触れたのは初めてのこと。正確にいうと、近所のちょっとマニアックな輸入中古車店の前を通りかかったときに、プジョー107の並行輸入車が展示してあったのを見かけたことはある。

まるで縮小スケールモデルのようなその小ささに驚くとともに、とてもかわいらしいデザインに好感を抱いたことを思い出す。

ここまで読んで、「なんでプジョー?」と思った人もいることだろうが、まさにそれがこのクルマの生い立ちと深い関係がある。

このクルマは、より欧州進出を図りたいトヨタと、こうしたエントリークラスのラインアップを持ちたいというPSAプジョーシトロエンにより共同企画・開発された。そして両社は、チェコに合弁会社「TPCA(Toyota Peugeot Citroën Automobile Czech)」を設立。

トヨタ アイゴ(AYGO)
プジョー 107シトロエン C1

同社の工場で生産された、内容的にはまったく同じクルマが、エクステリアデザインを差別化し、トヨタでは「アイゴ(AYGO)」、プジョーでは「107」、シトロエンでは「C1」として、3ブランドで販売される運びとなった。

アイゴというのは、たしか魚の名前にもあったような気もしたが、日本で売られるわけではないし関係ないはずと思っていたら、どうやら車名の由来は「IGO」の意味を含ませた造語らしい。

全長3,415mm、全幅1,615mm、全高1,415mmというボディサイズは、全長3mジャストのiQよりはだいぶ長いが、ヴィッツより40cmたらず、パッソより20cmあまりも短い。

全幅も1.7mに近い前記3モデルに比べるとだいぶ狭く、同じく全高も約10cmも低い。ホイールベースは2,340mmで、車両重量は1トンを大きく下回る880kgだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26