autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 先代プリウスをパクったヒュンダイ プリウスハンター「IONIQ」は成功するのか?

自動車評論家コラム 2016/1/2 21:56

先代プリウスをパクったヒュンダイ プリウスハンター「IONIQ」は成功するのか?

関連: トヨタ プリウス Text: 国沢 光宏 Photo: 現代自動車
先代プリウスをパクったヒュンダイ プリウスハンター「IONIQ」は成功するのか?
ヒュンダイ IONIQ のサイドシルエットスケッチ

昨年夏頃から「韓国の現代自動車がプリウスそっくりのハイブリッド車を開発中」と言われており、秋に偽装ステッカーで覆われた実車のスクープフォトも出回った。

アメリカの業界関係者によれば「スタイルだけでなくハイブリッドシステムを含めプリウスのパクりみたいです」。

そのプリウスそっくりと言われる新型車のスッピン写真がアメリカで出回り始めた。なるほどパクりと言われても仕方ない感じ。

そもそも5ドアHBのボディシルエットからして先代プリウスにしか見えない。もう少し正確に表現するなら「プリウスをベースに少しでも雰囲気を変えたい」みたいな。

ボンネットからルーフ、テールに掛けてのラインはプリウスそのものだし、変えようと頑張ったリアも、シボレー・ボルト+プリウスを2で割ったような仕上がり。オリジナリティ皆無だ。

プリウスは「ユーザーがプリウスのデザインに飽きてきたので思い切って変えた」。パクりプリウスは賞味期限切れか。

 パワーユニットはメインモデルになるハイブリッドの他、PHV、ピュアEVの三つをラインアップ。全てのパワーユニットに、今や韓国自慢の先端技術となっているリチウム電池を採用。

日本が先行したリチウム電池ながら、価格競争力不足のためかTV用の液晶のような負け戦になる可能性出てきた。

気になるハイブリッドシステムは公表されていないものの、御存知の通りプリウスで使われているシステムの基本特許の多くが期限切れ。だからこそGMボルトもトヨタ式の動力分割機構を使っている。

今のところハイブリッドシステムの中で最も優れたコストパフォーマンスを持つ。

ヒュンダイ IONIQ のインテリアスケッチ

デザインまでパクったのだから、ハイブリッドシステムも似たタイプになると考えていいだろう。トヨタのシステムなら、PHVやEVを簡単に作れると思う。

3月のジュネーブショーでワールドプレミアするらしく、車名は今のところ『IONIQ』(アイロニック)と呼ばれている。

果たして成功するだろうか?

昨今のアメリカを見ると、ガソリン価格低下でハイブリッド車の売れ行きが伸び悩み中。新型プリウスだってアメリカでどうなるか読みにくい。

トヨタの場合、日本という世界4位の市場で量産効果が出せるけれど、韓国市場に於けるハイブリッドのニーズは少ない逆風も受けます。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20