autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 新型プリウス、燃費は20%以上向上でプリウス初の4WDモデルも設定

自動車評論家コラム 2015/9/9 14:48

新型プリウス、燃費は20%以上向上でプリウス初の4WDモデルも設定

関連: トヨタ プリウス Text: 国沢 光宏 Photo: トヨタ自動車
新型プリウス、燃費は20%以上向上でプリウス初の4WDモデルも設定

ラスベガスらしく天井から新型プリウスが降りてきた!

トヨタ 新型プリウス(4代目)

トヨタが9月9日の13時にラスベガスで、新型プリウスのワールドプレミアを行いライブ放送した。当然の如くワクワクしながら見ていたら、司会者が超簡単なプリウスのバックボーン(新型というよりプリウスというクルマ)を紹介した後、いかにもラスベガスらしく天井からワイヤで釣られた新型プリウスが降りてきた。「おおっ! 凄い!」と思ったのはここまで。

くだんの司会者が「従来型より大きく広くなった。素晴らしいクルマだ!」と紹介し、チーフエンジニアとデザイナーが登壇し、記念撮影が始まった時点で中継が終わってしまった。期待していたスペックなどの詳細は一切公表せず。

すでに多数スクープされているデザインを改めて公表したに留まった。まぁ「な~んだ」という雰囲気。

実燃費も20%近く向上!?

トヨタ 新型プリウス(4代目)

が、早くも日本国内のディーラーに詳細な情報が出回っている。例えば燃費。ウワサされていたJC08の40km/Lは軽量化や低転がりタイヤを履く1グレードだけだった。普通のグレードだと37km/Lだ。

とはいえ、現行プリウスの30.4km/Lと比べれば20%以上良い。実燃費も20%近く向上しているハズだ。

参考までに書いておくと、現行モデルの実燃費は渋滞する東京都内で20~22km/L。流れの良い郊外路だと23~25km/Lといったあたり。それが24~26km/Lと27~30km/Lになるなら驚くべきことである。

また、事前情報通りプリウス初の4WDモデルもラインナップされた。4WDでも現行プリウスより燃費良いから驚く。注目されていた走行用電池だけれど、基本はリチウムイオンと判明。ただ全体的価格が上がってしまうことを嫌い、ニッケル水素電池搭載グレードを残している。

輸出仕様も仕向地によってニッケル水素とリチウムイオンを使い分けるという。実績とコストでニッケル水素。燃費と性能はリチウムイオンといった具合。

価格は現行モデルより若干高い

トヨタ 新型プリウス(4代目)

価格は現行モデルより25万円程度高くなるようだ。現行モデルとの燃費差を考えると、高くなった分のモトは取れないと思う。加えて現行モデルなら30万円以上の大幅値引きが可能。実質的な価格差にして60万円近くになってしまう計算。

経済性を考えれば現行モデルを値引きして買った方が得ということになる(自動ブレーキは新型にしか付かない)。

新型プリウスの詳細は9月10日発売のベストカーにグレードや装備内容を含め紹介されている。気になる人はぜひとも御一読を。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26