autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 ハイエースバン スーパーGL[ディーゼル] 試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2014/5/6 10:30

【試乗】トヨタ 新型 ハイエースバン スーパーGL[ディーゼル] 試乗レポート/国沢光宏(2/3)

【試乗】トヨタ 新型 ハイエースバン スーパーGL[ディーゼル] 試乗レポート/国沢光宏

マイナーチェンジで乗り心地が大幅に改善!

トヨタ 新型 ハイエースバン スーパーGL[ディーゼル] 試乗レポート/国沢光宏

Dレンジをセレクトして走り出すと、ビックリギョウテン! 乗り心地が良い!

今までのハイエース最大の弱点と言えば、動いてないんじゃないかと思えるサスペンションだった。動き出したら止まるまで、路面のデコボコ全てと付き合わなければならぬ。違いの解るハイエース乗りは、皆さん足回りを全面改良しているほど。

なのに今回乗った新型ハイエースときたら、ミニバンの「アルファード/ヴェルファイア」を凌駕し、「ノア/ヴォクシー」と比べたって勝るとも劣らないほど。「どうしちゃったの?」とさえ思う。ハイエースのサスペンションを扱っているショップに聞いてみたら「広報スペシャルじゃないですか?」。そうかもしれない。でも乗用車の広報車だってダメなヤツ多数。ハイエースだけ広報専用チューンをしてくるというのも不思議だ。

日産 NV350キャラバン(左)とトヨタ 新型 ハイエースバン(右)

と勘ぐっちゃうほど乗り心地良いのだった。もちろん上質というレベルじゃないですけど。乗り心地フェチの私ですらこのまま乗れるほど。しかもグニャグニャかとなれば、そんななことありません。箱根ターンパイクのコーナーだってキッチリ曲がってくれる。ハイエースより圧倒的に乗り心地良いザックス(韓国工場製)のダンパーを使う日産の「NV350キャラバン」と比べたって優位。

スーパーロング・ワイドのグランドキャビン&ハイエースコミューターも試してみたい!

国沢光宏さん憧れの!「ハイエース グランドキャビン」(トヨタ ハイエースワゴン・2WD・2700ガソリン・グランドキャビン (ノーブルパールトーニングⅡ) 〈オプション装着車〉)
トヨタ ハイエースワゴン・2WD・2700ガソリン・GL ロング・ミドルルーフ・10人乗り・4ドア国沢光宏さん憧れその2、「トヨタ ハイエースコミューター GL」(トヨタ ハイエースコミューター・2WD・2700ガソリン・GL (シルバーマイカメタリック))

これが実力なら、ぜひ14人乗りのマイクロバス『ハイエースコミューター GL』か、3ナンバー乗用車登録となる『グランドキャビン』(超カッコ良いスーパーロング&ワイドのハイルーフボディでございます)も試してみたい。

ちなみにハイエース グランドキャビンは4列シート+広大なラゲッジスペースを持つ10人乗り。2.7リッター4気筒エンジン搭載で338万7085円。大家族ならコレッきゃないと思う。アルファードより圧倒的に広い。中型以上の免許を持っている人は、私の夢に出てくる14人乗りのハイエースコミューター GLだ。ディーゼルで345万1885円。

[次ページへ続く]

トヨタ ハイエース 関連ページ

トヨタ レジアスエース 関連ページ

トヨタ ハイエースコミューター 関連ページ

トヨタ ハイエースバン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハイエース の関連記事

トヨタ ハイエースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイエース の関連記事をもっと見る

トヨタ ハイエース の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21