autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由 4ページ目

試乗レポート 2015/08/27 11:08

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由(4/4)

500万円級のトヨタ ヴェルファイア&アルファードが激売れな理由

法定速度域内で穏やかに走れば、上級セダンとなんら遜色ない乗り心地

500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート500万円級のアル・ヴェルが激売れな理由/トヨタ アルファード ヴェルファイア 試乗レポート

ヴェルファイア&アルファードが上級セダンと比べて不利になるのは走行性能だが、現行型はボディ剛性を高め、リアサスペンションはトーションビームの車軸式からダブルウイッシュボーンの独立式に改めた。独立式だから良いという話ではないが、新旧比較をすれば乗り心地は向上している。

なので時速100kmという法定速度の範囲内で穏やかに走る分には、ヴェルファイア&アルファードの乗り心地は上級セダンと比べても遜色はない。

いやむしろ、車内が広い分だけヴェルファイア&アルファードの方が総合的には快適だ、という見方もできる。

走行安定性の面ではまだ不満が残るが・・・

ヴェルファイア&アルファードが上級セダンと比べて不利になるのは走行性能だが、現行型はボディ剛性を高め、リアサスペンショァード ヴjpgアルファードが上級セダンと比べて不利になるのは走行性能だが、現行型はボディ剛性を高め、リアサスペンショァード ヴjpgアルファードが上級ギ4ェヸに速ト" />