autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士

試乗レポート 2009/8/6 14:00

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士(1/3)

日産 スカイラインクロスオーバー 試乗レポート/松田秀士

クーペとSUVが融合したニュークロスオーバー

リアイメージ

スカイラインセダン、そしてクーペに続く第3のモデルとして今回デビューしたのがスカイラインクロスオーバーだ。

一般的に、SUVモデルはセダンがベースになっていることが多いが、スカイラインクロスオーバーではクーペとSUVの融合がテーマ。

そのコンセプトをもう少し分かりやすく説明すると、SUVの持つアクティブ感・4WD・見晴らしの良さと、クーペのエレガントなスタイル・高いハンドリング性能・加速のよさを高い次元で融合させたモデルということ。

米国でのターゲットユーザーは主に女性だが、日本国内ではユニセックスなイメージとして受けそうだ。そのために、フロアが高すぎず低すぎず快適な乗降性を確保し、アラウンドビューモニターや車線逸脱防止支援システムなど、走る楽しさを安全・快適にサポートする先進装備によって個性的ながら間口の広いSUVを目指しているといえるだろう。

日産ではこれをニュークロスオーバーと位置づけている。

フロントスタイリング

そのシルエットの第一印象は、「不思議なクルマを作ったものだ」という驚きだった。

ロングノーズ、ショートデッキと言っても良いくらい、まるでスポーツカーのようなフォルムを持ったSUVだ。アーチ状のルーフからリヤエンドにかけては、リアウィンドウがかなり寝ていてまるでクーペのよう。

サイドビューは、ドア周りのショルダーラインにウェーブをつけるなど、個性的な演出が気にかかる。ある程度心構えをもって実車と接してみたが、エクステリアから受けるそのインパクトはやはり大きい。

SUVなので車高は高いが、セダン&クーペよりも大きなタイヤを使うことで存在感を演出している。

車高の低いセダンやクーペをベースにしているから、SUVらしい車高を確保するにはサスペンションストロークを伸ばさなければならない。そうすると、サスペンションアームの角度がさがる。そしてバランスの取れた位置にセッティングをし、さらに大きなタイヤで迫力を演出しているのだ。

ただし、エクステリアではフェンダー上のウィンカーランプ以外のグリル、ヘッドライトやリヤコンビネーションランプなどの部品は、セダンやクーペとは共用せず全て専用設計とするなどこだわりの造りだ。

インテリアはかなりシック、そして包まれ感と柔らかさによる癒しを覚える。フロントガラスが近く、キャビンフォワードのコンセプトで登場したプリメーラを連想した。

しかし、これはロングノーズ・キャビンリヤワードというプロポーションによるものだった。つまり、クーペのようなロングノーズを確保したいためにキャビンを後方に移動したことで、センターにあるドライバーの着座ポイントがAピラーに近づいた結果なのだ。

デザイン重視の設計なので、リヤの居住スペースは広いとはいえない。背もたれも若干立ち気味だ。

ただ、ヘッドクリアランスは十分にあってくつろげるが、メインステージはフロントにある2つのシートだろう。

リアスタイリングリアビューサイドビューサイドビューヘッドライト

日産 スカイラインクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 スカイラインクロスオーバー の関連記事をもっと見る

日産 スカイラインクロスオーバー の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25