autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介 3ページ目

デザイナーズルーム 2010/7/29 17:49

日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介(3/4)

関連: 日産 エルグランド Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
日産 新型エルグランド デザイナーインタビュー/プロダクトチーフデザイナー 大月圭介

こだわったのはファッショントレンド

A:いちばん激変したのは外観よりも内装ではないかと思うんですが

O:運転席のヒップポイントを下げ、後方に移動した結果、乗用車的なドライビングポジションが得られたので、高級セダンを意識して、包まれ感のある空間にしました。

でもミラーをドアパネルから生やしたり、小さな三角窓を追加したりして、ミニバンらしい開放感も考えています。シートリフターの量は増えていますから、好みに応じた視界を確保できるのではないかと考えています。

A:ウッドパネルの形状がかなり凝っていますが

新型エルグランド

O:乗用車っぽく仕上げたかったので、センターパネルがしっかり主張し、左右に広がっていくような空間を思い描きました。それを鳥が羽根を広げるようなウッドパネルで表現したのです。ツヤのある木目を使ったのは、硬くてなめらかなイメージ、艶めかしさを出したためです。

ウッドパネルには2種類あって、最上級とベースモデルはオーソドックスな茶系ですが、メイングレードとなる中間車種はグレーっぽい色調にして、木目がシルバーで浮き上がる処理をしました。モダンでスポーティな雰囲気が演出できたと思っています。

A:黒一色ではなくブラウンを効果的に使っていますね

O:中間車種ではスポーティさを表現するために、黒を基本に茶系のファブリックをインサートしました。黒はたしかにスポーティですが、ビジネスライクというイメージもあります。上品でおしゃれな雰囲気を表現するために茶を使ったのです。

ファッションも最近は黒と茶を組み合わせていますから。ミニバンではありますが、7人乗りの高級車を作りたかったので、ファッションのトレンドも考えました。ステッチにも表皮とは色違いの茶系やオレンジを使うなど、こだわったつもりです。

A:ところで大月さんはどんなときにアイデアが生まれるのでしょうか

ELGRANDチーフデザイナー大月圭介氏

O:いつも心がけているのは、生活の中で緊張と弛緩をどのように取るかです。緊張しているときは新しい発想は生まれません。

新しい発想は、緩んでいる中から出てくる。そういう時間を大切にしたいのです。最近は社内環境が整ったので、リラックスできる環境があるけれど、昔は机では作業せず、ソファに座ってコーヒーを飲みながら小さな紙に絵を描いていました。

こういう仕事は四六時中考えているわけだから、どれだけ自分を解放できるかが大事です。いちばんよかったのはタヒチですね。一度しか行ったことありませんが、ああいう場所が欲しいです(笑)

日産 エルグランド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22