autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 兼松やCCCなど、EVカーシェアリングのモニタリング調査を実施

自動車ニュース 2011/2/8 13:21

兼松やCCCなど、EVカーシェアリングのモニタリング調査を実施

兼松株式会社と兼松コミュニケーションズ株式会社、およびカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、電気自動車を利用したカーシェアリングサービスに関する無償モニタリング調査をKCSの運営するTSUTAYA小平店にて共同で実施すると発表した。

モニタリング調査は、本年2月にTSUTAYA小平店会員からモニターを募り、期間2ヶ月の予定で3月にはスタートする予定だ。

期間中は、電気自動車の充電や店舗におけるオペレーションの確認や、実運用面における課題をデータとして蓄積。収集したデータの分析を元に、電気自動車を利用したカーシェアリング事業等の協力候補先との連携を進めることとしている。

兼松は、株式会社光岡自動車の電気自動車『雷駆』の法人向け販売を実施している。

また、既に京都府、大阪府を初めとする地方自治体等で充電インフラ整備事業にも着手していて、EVと充電インフラの両面からサポートを推進している。今後さらにEVの普及に向けて総合的な事業展開を検討している。

KCSは、CCCが展開するTSUTAYAフランチャイズチェーンに加盟し、首都圏を中心にTSUTAYAの店舗運営を行っている。

また、全国200を越える販売拠点や法人向けビジネスソリューションによる移動体通信機器販売を主軸としていて、携帯電話を用いたEVインフラの有機的な活用提案など、EV普及に向けた事業展開を検討している。

CCCは、これからの社会における新たな生活提案の一環として、カーシェアリングサービスの顧客ニーズを探るべく本モニタリング調査に参加する。

その後、調査結果を分析した上でカーシェアリングサービスへの取り組みを検討していく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!