autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、新型CR-Vを日本導入へ!1年振りの復活で国内SUV市場テコ入れ図る

自動車ニュース 2017/9/27 21:48

ホンダ、新型CR-Vを日本導入へ!1年振りの復活で国内SUV市場テコ入れ図る

東風ホンダ CR-V上海モーターショー
欧州ホンダ 新型CR-V欧州ホンダ 新型CR-V欧州ホンダ 新型CR-V欧州ホンダ 新型CR-V画像ギャラリーはこちら

2016年に販売を終了していたホンダCR-Vが現場の声に1年で復活を決定

ホンダが、拡大し続ける国内のSUV市場に対応するため、ミッドサイズのSUV“CR-V”を日本で復活させることを決定した。

外観はすでに中国やアメリカで販売されているデザインで、パワートレインはお隣の中国で発表されたハイブリッドモデルのみと思われていたが、ガソリンモデルも導入されるようだ。新型CR-Vハイブリッドのワールドプレミアは2017年7月9日の上海モーターショー期間中に行われ、オートックワンでも報じたことがある。

>>【ニュース】東風ホンダ、新型CR-Vを発表…スポーツハイブリッドとスポーツターボを設定

>>【ニュース】ホンダが2モーターハイブリッドを搭載した新型CR-Vハイブリッドを発表!

ホンダ CR-Vは2016年8月まで日本でも販売されていたミッドサイズのSUVで、国内では5代目に当たるモデル。トヨタ ハリアーやマツダ CX-5が直接的なライバルとなる。この価格帯の市場は年々拡大を見せており収益性も高いため、ラインナップ拡充の意味も込めて、改めて参入したいというのがホンダの狙いだろう。

新型CR-Vに搭載されるハイブリッドシステムはe-POWER風

東風ホンダ CR-V上海モーターショー

新型CR-Vには、2モーター式のi-MMD(インテリジェント・マルチモード・ドライブ)が搭載される。このシステムは、日産e-POWERで採用される“シリーズハイブリッド方式”に類似しており、基本的に2リッター直列4気筒のi-VTECエンジンを発電に用いることでEV走行(モーター駆動)を行い、巡航時のみエンジンで直接駆動するため効率が良い。

フランクフルトショーで発表されたCR-Vプロトタイプのトランスミッションは6速MTまたはCVTとなっているが、日本ではCVTのみとなるだろう。

新型CR-Vハイブリッドの実燃費はリッター20キロくらいか

この2モーター式のi-MMDは、既に日本で販売されているアコードにも導入されているものと同じ。CR-Vに搭載されれば実用燃費が20km/L近くなることが想定される。そうなるとライバルであるトヨタ ハリアーやマツダ CX-5をしのぐ数値となり、燃費性能はかなり魅力的と言える。

ヴェゼルだけで戦っていた国内SUVに待望の復活新型CR-V、気になる価格は…

新型CR-Vは、ヴェゼルよりももちろん上位機種となる。先代のCR-Vはライバルに比べて割高な価格設定が足を引っ張ったため、同じ轍を踏まないためにも、ライバルと同等くらいの価格帯に抑えてくることが予想される。

ホンダ 新型CR-V関連コンテンツ

>>【コラム】SUV人気の中、ホンダは何故シビックに拘る? CR-V復活を熱望する販売現場との隔たり

>>【ニュース】ホンダが新型車全車に自動ブレーキ標準装備へ、新型CR-Vの国内導入も検討か

>>【ニュース】ホンダ、新型CR-Vターボをソウルモーターショーで公開

>>【ニュース】ホンダCR-Vがモデルチェンジ 北米で今冬発売 ~1.5リッターターボエンジンを初搭載~

ホンダ CR-V 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ CR-V の関連記事

ホンダ CR-Vの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ CR-V の関連記事をもっと見る

ホンダ CR-V の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円