autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アジリティ・デザイン・安全が進化の鍵!磨き抜かれた定番輸入セダンの実力を再確認

自動車ニュース 2015/7/7 16:08

アジリティ・デザイン・安全が進化の鍵!磨き抜かれた定番輸入セダンの実力を再確認

今回は、2014年7月にデビューして以来、『インポート・カー・オブ・ザ・イヤー』を獲得するなど高い完成度で話題のメルセデス・ベンツ「Cクラス」をピックアップします。走りの性能だけでなくデザインや安全装備、快適装備なども洗練されて生まれ変わったCクラスを実際に試乗したカーソムリエ4名が、その優れた点・惜しい点を徹底評価します!

ベンチマークの威信と維新(投稿者:Yukimasa Kawaiさん)

メルセデス・ベンツ Cクラス
メルセデス・ベンツ Cクラスメルセデス・ベンツ Cクラス

アウディA3スポーツバックにお乗りのYukimasa Kawaiさん。Cクラスの試乗にあたってはその走りの質感、装備、価格設定を中心に高い評価をつけていました。

■試乗グレード:C180アバンギャルド AMGライン

外観デザイン ★★★★☆

インテリア ★★★★☆

走りやすさ ★★★★★

総合評価 ★★★★☆

このカテゴリーの基準を格段に引き上げた内外装のデザインとクオリティ。「アジリティ」というテーマの下、ボディと足回りの進化により向上した乗り心地や運動性能。高効率パワーユニットによる環境性能。(グレードによってオプションとなるが)先進の予防安全。そしてC180の419万円からという、競合相手に対して戦略的な価格設定。

メルセデスの威信をかけたCクラスの維新は、強豪ひしめくこのカテゴリーにおいて、Cクラスの威信をかけたベンチマークの維新となった、といったら少々大げさか。それでも、Cクラスに対するメルセデスの本気度は本物だった。……

→このレポートの全文は [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

”車格”の概念を更新した一台(投稿者:Ryo Furuichiさん)

メルセデス・ベンツ Cクラス
メルセデス・ベンツ Cクラスメルセデス・ベンツ Cクラス

輸入車を中心に多数の車種のレポートを投稿してくれているRyo Furuichiさん。今回Cクラスを試乗して、そのコーナリング性能の高さに感銘を受けたようです。

■試乗グレード:C200アバンギャルド AMGライン

外観デザイン ★★★★★

インテリア ★★★★☆

走りやすさ ★★★★★

総合評価 ★★★★★

最初、街中の人を避けながらゆっくりと交差点を曲がった時には感じなかったが、普通に速度が乗った状態で交差点を曲がった瞬間、メルセデスらしからぬ印象を受けた。実にクイックに曲がったのである。クイックであるとの情報は事前に聞いていたが、「こういうことか」と納得した瞬間であった。

競合他社でもクイックに曲がるクルマはあるが、曲がりすぎてボディが揺さぶられる印象があった。しかしこのクルマは違った。クイックに曲がるもののボディが揺さぶられる感じが一切なかったのである。クルマの大きさが違うので比較すべきではないかもしれないが、率直に先代Sよりも安定していると感じた。……

→このレポートの全文は [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

新たな小型セダンのベンチマーク(投稿者:smuyh117155さん)

メルセデス・ベンツ Cクラス
メルセデス・ベンツ Cクラス
メルセデス・ベンツ Cクラスメルセデス・ベンツ Cクラス

メルセデス・ベンツ「Aクラス」にお乗りのsmuyh117155さんは、エアサスの他、細かな安全装備に言及してくれています。

外観デザイン ★★★★☆

インテリア ★★★★☆

走りやすさ ★★★★★

総合評価 ★★★★☆

乗り味、乗り心地、を変更できるエアサスは秀逸。インテリアの質、色など高級感があり居心地、満足度ともに高い。

ライトの照射についても、オートライト(ハイビームオート)時、歩行者側 / 対向車側で照射距離や範囲に違いが有りLEDの効果を実感できる。事故予防の安全装置が充実している。日本での道路幅に適しており、取り回しも楽。高速道路においても自動速度調整が付いており楽に運転できる。また乗り心地はフラットでとても良い。

あらゆる車の機能においてまた、全方位にわたり死角のない車に仕上がっている。小型セダンのレベルを一段上げた車になると思います。……

→このレポートの全文は [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

▼全体的に評価の高いCクラスですが、一方でこんな辛口な意見も

退屈。(投稿者:b3_3さん)

メルセデス・ベンツ Cクラス
メルセデス・ベンツ Cクラスメルセデス・ベンツ Cクラス

1979年式のフォルクスワーゲン「ゴルフ」等にお乗りのb3_3さん。Cクラスに搭載されているエンジンとトランスミッションの特性が日本の道路事情に合っていないことを指摘しており、★の数は決して少なくないものの、コメント上での評価は厳しめになっています。

■試乗グレード:C180

外観デザイン ★★★★☆

インテリア ★★★★☆

走りやすさ ★★★★☆

総合評価 ★★★★☆

「よく出来ているが、アテンザやレガシィじゃダメなのか?」の一言に尽きます。ベンツのマークが必要な人が買う車なんだろうなと思いました。

ダウンサイジングターボは日本の交通事情には不向きだと思います。60キロ-80キロのちょっとした加速で、ターボの軽自動車のような音と加速感を毎回味わされるととてもゲンナリしてきます。キックダウン→加速の音とフィーリングがマジでK6A(スズキ「ワゴンR」)ですもん。C180に限らず、ダウンサイジングターボが気になる人は絶対に試乗すべきだと思います。4気筒&ハイブリッドの方が断然いいんじゃないかなと思いますよ。音とフィーリングを考えたら、2.5LあたりのV6に多段ATで十分だとも思いますけど。……

→このレポートの全文は [こちらをクリック! ]

■この車の他のカーソムリエレポートは [こちらをクリック! ]

Cクラスの「ここが惜しい!」

▼試乗したC180において、始動時やアイドリング時のエンジン音(車外騒音)が大きめで、直噴化によるものなのか、「カラカラカラ・・・」といったディーゼルエンジンのようなエンジン音を発していた。(Yukimasa Kawaiさん)

▼スライディングルーフ(サンルーフ)はAMGラインの同時装着が必要で、単独したオプション設定になっていない。(Yukimasa Kawaiさん)

ディーゼルエンジン、4WD、右ハンドル仕様の販売を強く希望する。(smuyh117155さん)

▼シートがスズキ「スプラッシュ」より出来が悪くて驚いた。(b3_3さん)

カーソムリエって何?

カーソムリエはオートックワン運営の『カーソムリエ検定』に合格した、その名の通りの“自動車のソムリエ”。彼らが実際に試乗をし、そのクルマについて感じたことを投稿しているのが『カーソムリエレポート』です。これまでに全国1,700名のカーソムリエが、8,900件以上のレポートを投稿しています。

▼レポート投稿者随時募集中!試乗レポート1件の投稿につき、Amazonギフト券500円分をプレゼント!

会員登録のうえ、「カーソムリエ検定」に合格すれば、カーソムリエの資格が認定されます。

カーソムリエ検定は、自動車に関する様々な知識を問うクイズ形式の検定試験です。お使いのスマートフォンもしくはパソコンから、1回5~10分程度で受検することができ、何度でも挑戦できます。

まずは[カーソムリエ検定 ]を受けてみよう!

レポート投稿に関する詳細は[コチラ ]まで

【関連記事】プロの自動車評論家の解説&試乗レポート!

今回登場したCクラスの詳細を、自動車評論家の先生が紹介する記事です。こちらも合わせてご覧ください!

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)試乗レポート/九島辰也

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス(W205)動画試乗レポート ~国沢光宏のキビシイ目~

メルセデスAMG C63 試乗レポート ~Cクラス最強のスポーツモデルが鮮烈デビュー~【2015】

 

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円