autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/7/11 17:04

【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一(3/5)

【燃費】スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート/永田恵一

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 燃費レポート【郊外路編】

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/高速道路の燃費を測定中(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)

郊外路においては、レヴォーグが先代レガシィツーリングワゴンの後継車に相応しい運動性能を備えていることが分かった。

郊外路コースにあるちょっとしたワインディングロードを走ると、シャープかつ極めて正確なライントレース性を持っており、レヴォーグが大きなラゲッジスペースを備えていることを忘れてしまうくらい軽快にコーナーを駆け抜けることができる。

これは、レヴォーグが非常に高いボディ剛性を持ち併せていることが大きく貢献しているに違いない。

車重が1,500kgを超えることは、最近のこの車格のクルマとしては重い部類であることは否めないが、このボディ剛性の高さとの兼ね合いであることを考えれば全面的にとは言えないにしても納得できる。

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/走行イメージ5

同時にこのボディ剛性の高さは、レヴォーグが次期WRX STIのステーションワゴン的な存在であることや、2世代前のレガシィやインプレッサといったスバル車において過剰なボディ剛性がスバル車らしさの1つであったことも思い出させてくれた。

また、ワインディングロードを常識的なペースで走っている程度だと、1.6リッターターボのパワーは持て余す感じがなく適度に感じられたことも好ましかった。

反面、レヴォーグ 1.6GTの乗り心地は決して悪いということではないのだが、「最も新しいスバル車」という期待値の高さを考えると期待値を上回らなかったというのが正直なところだ。

具体的には、路面の凹凸が小さいところでは申し分ないのだが、路面の凹凸が大きくなってくると不快な硬さや過大な底付き感のようなものを覚えたのは残念な点である。

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/郊外路における実燃費は「14.6km/L」

なお、タイヤの空気圧はフロント250kPa、リア240kPaと若干高い部類ではあるので、空気圧の調整によって乗り心地の改善が望めるかもしれない。

郊外路での燃費は「14.6km/L」と車格や車重、性能などを総合すれば納得できる数値だった。

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight 郊外路の実燃費/14.6km/L

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20