autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一 5ページ目

燃費レポート 2014/6/4 16:57

【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一(5/5)

関連: トヨタ ヴィッツ Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部・永田恵一
【燃費】トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ヴィッツ(2014年マイナーチェンジ)燃費レポート【総評】

トヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)総合燃費は「18.2km/L」

トヨタ 新型ヴィッツ 総合燃費/18.2km/L

ヴィッツはマイナーチェンジで基本性能を底上げされ、同クラスのライバルとそれなりに戦えるクルマへと仕上げられていることを確認できた。

しかし、下の総合燃費のライバル車との比較の通り、燃費が飛び抜けている訳ではない、居住空間を比べればフィットが圧勝など、購入に至る強い理由、魅力が見つけられないのも事実であった。

トヨタ 新型ヴィッツ(2014年4月マイナーチェンジモデル)エクステリアイメージ

さらに新型ヴィッツの弱点を挙げれば、1.3リッターを購入する場合には量販のFグレード(145万145円)が基本になると思うが、ライバル車の同じような価格帯のグレードと比べると装備内容がどうしても見劣りしてしまう。

また、最近のコンパクトカーで増えつつある自動ブレーキの類の設定が一切ないこともマイナスポイントだ。

そこへ近いうちに新型デミオがディーゼルエンジンを設定するなど入魂のフルモデルチェンジを実施することを考えると、ヴィッツ自体の魅力は向上したものの今後ライバル車と戦っていくのは非常に厳しい、というのが率直なところである。

トヨタのような車種の多いメーカーになると、スイフトやフィット、デミオのような入魂のモデルチェンジを毎回行うことは難しいかもしれないが、販売台数やエントリーカーという意味でもコンパクトカーは重要であるだけに、次期ヴィッツにはさらに大きな魅力が盛り込まれることを期待したい。

筆者: 永田 恵一

トヨタ ヴィッツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴィッツ の関連記事

トヨタ ヴィッツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴィッツ の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴィッツ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22