autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2012/2/7 15:47

BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照(2/2)

関連: ミニ ミニ Text: 石川 真禧照 Photo: BMW Japan
BMW MINI ロードスター 海外試乗レポート/石川真禧照

個性的なミニ ロードスターなら世界が広がる!

試乗したのはクーパーSの6速MT車。ボディはシルバー。ホロはブラックという組み合わせ。

走り出す前にホロを開ける。フロントウインドウ上のレバーをひねり、あとは手でホロを押し上げる。リアへの収納はそのままホロを下げるだけ。屋根のハード部分がスライドしてボディに収まるというトヨタ MR-S方式なので、トノカバーなしできれいに収まる。閉めるときはロックを外して、引き上げるだけだ。

マニュアルシフトを1速に入れ、スタート。アクセルの動きに対してのクルマの反応は、こちらに来る前に国内で乗った同じエンジン+6MTのクーペよりも軽快だ。やはり50kgの重量差は、このクラスの軽量車には大きく影響するのだろう。

標準装備のDSC(ダイナミックスタビリティコントロール)は、6速MTでの高回転でレーシーな動きに対して、フロント、リアホイールのスリップをホイール別に制御してくれるので、安全。しかも、ハンドリングはクーペよりもさらに性能が向上していた。

コーナーではハンドルを切り込んだだけ、このロードスターは何のためらいも、不安な動きもせずに、進行方向にノーズを向ける。ミニはデビューしてから、いろいろなバリエーションを加えて進化しているが、ハンドリングをはじめとする走行性能も、確実に進化しているように思う。

オープンにしたときの風の巻きこみは、100km/hまでなら、ドアウインドウを開けていても耐えられる。さらに、ウインドウを閉じれば、150km/hでも走行できた。巻きこみは少ないタイプといえる。

一方、ホロを閉じての走行も、圧迫感は少なく、不快な感じはしなかった。後方やナナメ後方の視界も不安はなかった。

トランクスペースは奥行700mm左右幅は1020mm、高さは370~480mm。さらにリアシートの背後にはトランクとつながる360×200mmの開口部も設けられている。

クーペも個性的なスタイルで、おもしろいクルマだが、どうせ遊ぶのなら、ルーフが開くロードスターのほうが世界が広がりそう。

都会での足として、こういうクルマに乗ってみたい衝動にかられてしまった。

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18