autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダがスポーツカーコンセプトモデルで新型ロータリーエンジンをお披露目か

自動車評論家コラム 2015/9/30 11:48

マツダがスポーツカーコンセプトモデルで新型ロータリーエンジンをお披露目か

関連: マツダ Text: 国沢 光宏

2017年はロータリーエンジン50周年、2020年はマツダ創業100年、やはりそこに…

マツダは東京モーターショーに『マツダ スポーツコンセプト』と呼ばれる新世代ロータリーエンジン搭載を前提にしたコンセプトカーを出展するようだ。

現時点で判明しているのは写真のみ。ただ断片的な情報がいくつか入ってきている。ジグソーパズルのように組み立ててみたい。

まずマツダにとってのロータリーエンジンだけれど、ここにきて象徴的な技術として再評価すべきだという強い流れが出てきた。

【画像ギャラリーを見る】

マツダ スポーツコンセプト

実際、マツダのスポーツカーの代表格といえば、ロータリーエンジン搭載の『コスモスポーツ』だし、ル・マン24時間耐久レースで総合優勝した唯一の日本車もマツダのロータリーエンジンだ。

確かに世界中の自動車メーカーが開発競争したロータリーエンジンを実用化出来たのはマツダだけ。そいつでル・マンを勝ったのだから素晴らしいとしか言えない。

スカイアクティブの成功により完全復活しつつあるマツダ魂が、ロータリーエンジンの復活を渇望しているのだろう。

参考までに書いておくと、2017年はロータリーエンジン50周年。そして2020年にマツダの創業100年を迎える。早ければ2017年の東京モーターショーに市販を前提としたコンセプトカー出し、オリンピックの年でもある2020年の発売など計画しているかもしれません。

新型ロータリーエンジン「16X」は優れた燃費で最高出力は250馬力前後

ということで写真を見て頂きたい。明らかにロードスターより大きいボディを持つ。小さくてもトヨタ86級。キャビンの大きさを考えればもう一回り大きいかもしれません。

そして最近のマツダのデザインの流れを汲み、超スタイリッシュ。長く伸びたボンネット、往年のジャガーのようだ。

搭載される新型ロータリーは『16X』などと呼ばれているタイプ名から解る通り(マツダのロータリー、数字は排気量を示す)、1ローター800cc×2になるようだ。654cc×2の13Bより一回り大きい排気量を持つと言われる。

マツダのロータリーエンジン(13B)

最近のマツダはターボ過給を嫌うため、無過給になる可能性大。このエンジン、前回書かせてもらった記事(「マツダが新型ロータリーエンジン開発に本腰、搭載車は2019年に登場か」)の中では圧縮点火になる可能性大きいと書いたものの、圧縮比を上げにくいロータリーエンジンの場合、なかなか難しいようだ。

通常の点火プラグを持ちながら、13Bより圧倒的に優れた燃費を狙っていると聞く。最高出力は250馬力前後になるだろう。

ターボを使わないためコンパクトなエンジンになる。だからこそ写真のように低いボンネットが可能。レシプロエンジンで低いボンネット高を実現するのは難しい(そういった意味からすればロードスターのボンネットの低さは見事)。

「マツダスポーツコンセプト」の詳細は東京モーターショー開催日に公開されるとのこと。

[Text:国沢光宏]

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26