autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダが新型ロータリーエンジン開発に本腰、搭載車は2019年に登場か

自動車評論家コラム 2015/7/21 18:20

マツダが新型ロータリーエンジン開発に本腰、搭載車は2019年に登場か

関連: マツダ RX-7 Text: 国沢 光宏 Photo: マツダ株式会社

マツダがロータリーエンジンの復活を狙っている。

企画の中心になっていると言われる藤原常務は、今年のグッドウッドスピードフェスティバルのホスト(スポンサーです、安くないです)を決めた時の中心人物と言われており、今やマツダの方針について決定的なチカラを持っている。

藤原常務が「ヤル!」と決めたら、巨額の損失を出さない限り開発にGOを出すことだろう。ただロータリーエンジンは様々な課題を持っているのも事実。

【写真で見る】ロータリーエンジンとマツダのスポーツカーコンセプトモデル

2008年に披露された3ロータリー搭載のコンセプトモデル「マツダ風籟(ふうらい)/MazdaFURAI」
マツダ ロータリーエンジン

ロータリーエンジンの最大の問題点に上げられるのは「燃費」です。

そもそも燃焼室形状が悪く(細長くて四角い)、燃え残りガスも出来てしまう。今の技術だと改善は不可能。そいつを何とかするのが、次世代のスカイアクティブ技術として開発しているディーゼルとガソリンの中間的な『HCCI(Homogeneous-Charge Compression Ignition)』と呼ばれる技術である。

HCCI技術で新型ロータリーはレシプロエンジン並みの燃費。検定て㸁あ/2275

縡焼室形状.jp/cjp/ma炮5

縡 燃」zy" /p/ma炮熮䂏>が悪リjp/cjp/mactioが、縡ク改え残りガスもjp/の/22/rx-7な㸍可能〙悪ェ/c>㸁あ/22検ガp/">臎5

縡』と縡ク改單p/">て雡』燃な㸀>あ㟁Photo:div>臂決て雡世僃並でPh5

HCCI技痈p/">熪顗塌縡ィ href>玮僓燘猪縻燃縡">燮わ/div>f燃塌/227jp/ma炮筫x" 2発に定27ea炮>2h哬ag.cmd.push(fun>

() {h哬ag.display('/227jp/ma炮筫な}>