autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型GS 試乗レポート

試乗レポート 2011/8/20 00:00

レクサス 新型GS 試乗レポート(1/2)

関連: レクサス GS Text: 日下部 保雄 Photo: 原田淳
レクサス 新型GS 試乗レポート

トヨタテストコースで“マスキング”された新型GSを試乗!走りの実力は如何に!?

レクサスの中堅車種である「GS」。そのプロトタイプがニューヨークショーでデビューしたが、いよいよペブルビーチで「GS350」がワールドプレミアとなった。その後、9月のフランクフルトショーではGSハイブリッドも登場する予定だ。

それに先駆けて、トヨタのテストコースで新型GSを試乗するという望外のチャンスがあったのでレポートする。

レクサス 新型GS
レクサス 新型GSレクサス 新型GS

新型GSは、マスキングをした状態で外観デザインなどがわからないようにしており、内装も最終仕上げのものではないが、実際に販売するものにかなり近い。

テストに供されたのはGSハイブリッドとGS350、それぞれのラグジュアリーとスポーツの各グレード。

パワートレイン系は従来のGSから大きな変更はなく、ハイブリッドは3.5リッターの2GRエンジンは変わらないが、新型ではパワー志向ではなくアトキンソンサイクルを使った燃費重視型になっている。

GS350のトランスミッションは6速ATでこちらもキャリーオーバー、パドルシフト付となる。

レクサス 新型GS

デザインは堂々としている。

顔であるグリルはCT200hから始まったスピンドルグリルを進化させて、従来のおとなしいイメージからアグレッシブなフェイスへと変わっている。

サイズは、4,850mmの全長と2,850mmのホイールベースは変わらず、全幅は20mm広い1,840mm、全高では30mm高い1,455mmに拡大されたが、実際には数値よりもさらに1サイズ大きくなった印象を受ける。

そして、時間が経つに従って存在感・好感度が深まってゆくデザインはなかなか巧みである。

レクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GS

新型GSは居住性が大幅に向上!

レクサス 新型GSレクサス 新型GS

12.5インチの大型ディスプレイが映えるダッシュボードは、シンプルかつ精密な印象を与える現行型からは一転して華やかになった。

居住性も大幅に向上し、これまで不評だった後席のヘッドクリアランス、レッグルームも大きくなり、このクラスに相応しいサイズになっている。

また、ドライバーズシートに座った時のサイズ感もたっぷりしており、余裕を感じるキャビンだ。

さらに、トランクも拡大し、ハイブリッドもバッテリー搭載方法を改善して縦配置にするなど、今度はゴルフバッグが堂々と4つ積めるサイズになった。

キャビンとエクステリアの質感は、ライバルのどのクルマにも負けていないといえる。

もっと詳しい情報を知りたい方は、9月10日発売の“ホリデーオート 2011年10月号”も要チェック!!

レクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GSレクサス 新型GS

レクサス GS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス GS の関連記事

レクサス GSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス GS の関連記事をもっと見る

レクサス GS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円