autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダF1に見るF1プロジェクトの厳しさ

自動車評論家コラム 2015/3/17 11:55

ホンダF1に見るF1プロジェクトの厳しさ

関連: ホンダ Text: 国沢 光宏 Photo: 本田技研工業株式会社
ホンダF1に見るF1プロジェクトの厳しさ

開幕戦からわずか2周遅れで完走出来たなら上出来!

ホンダF1の再開第1戦は予選最後尾からワンツー。本戦も若手ドライバーの1台がスタート前のラップでエンジンブロー。ベテランのバトンは馬力を抑えたエンジンで淡々と周回をこなし、何とか2ラップ遅れの完走という厳しい結果となった。

この状況を見てこれまで甘かったF1メディアも批判的な報道内容になりつつある。

とはいえホンダF1の開発が難航していることなどプレシーズンテストから、いや昨年行われたアブダビの初走行で十分予想出来たハズだ。私も何度か「今シーズンは期待できない」と書いた。あまり信用して頂けなかったようですけど…。

私が聞いた状況からすれば、わずか2周遅れで完走出来たなら上出来だと思ったほど。現在のF1のレギュレーションは極めて厳しく、もはや今シーズン中に大きな変更を加えることなど不可能。より正確に書けば来シーズンも難しい。

なぜ苦戦しているのか?

周辺から話を聞いてみたら、F1に対する認識が決定的に違うようなのだ。

ホンダは優秀な技術者なら誰でもF1のパワーユニットを作れると思っているらしい。つまり「運動神経が良い人は練習により誰でもワールドカップで活躍できるサッカー選手になれる」と思っているのと同じ。

F1のレベルは、オリンピックやワールドカップに匹敵する。

どこのチームも、優れた技術者であることはもちろん、さらに休日も夜中も没頭するくらいF1が大好き&経験豊富という監督の指揮するチームなのだった。

第2期のホンダF1は、正しくそういったチームだったそうな。当時の社長である川本さんからして現場を訪れており、私も何度か海外のグランプリで見かけたほど。社長自らF1に入れ込んでいた、ということである。

今の開発チームの話を聞くと、マクラーレンがイギリスから緊急の部品を成田空港に送っても「休日なので取りに行けません」。新井プロジェクトリーダーの昨年あたりからのコメントを見たら、あまり危機感を持っていないと思える。

テスト走行で走れないのに「想定内」と言い切ったのには驚いた。私らの業界だと「売れないのがわかっている出版物を出したんです」と言ってるようなもの。ここで新井プロジェクトリーダーの批判をする気などはない。優秀な人だと聞いている。

前述の通り、F1はオリンピックやワールドカップと同じ。優秀な技術者にとってもハードルは高い。F1の厳しさを認識しただろう新井プロジェクトリーダーは管理責任者になって頂き、現場を才能ある監督に任せるべきだと考える。

今のままだと間違いなく今シーズンを棒に振り、大きな改良を加えられない来シーズンもこのままでは期待が持てない。

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27