autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム GM、ついにトヨタ方式のハイブリッドシステムを新型車に採用!盤石だったトヨタのHV戦略の今後は!?

自動車評論家コラム 2015/4/3 14:26

GM、ついにトヨタ方式のハイブリッドシステムを新型車に採用!盤石だったトヨタのHV戦略の今後は!?

GM、ついに新型「シボレー マリブ」にトヨタ方式のハイブリッドシステムを採用!

シボレー 新型マリブ
シボレー 新型マリブシボレー 新型マリブハイブリッド テールロゴ

まだ詳細は判明していないものの、GMが発表したプレスリリースを見ると、ついにトヨタ方式のハイブリッドシステムを新型の「シボレー マリブ」に採用してきたようだ。

しかも、同じタイプのハイブリッドシステムを使う「トヨタ カムリハイブリッド」より燃費が良い!トヨタのハイブリッドの優位性はイッキに減少しそう。

すでにGMは初代ボルトからトヨタと同じタイプの2モーターハイブリッドシステムを採用していたけれど(発表当時アメリカのメディアからもトヨタと同じなのでは、と言われていた)、微妙に特許と絡まないような構造だった。ただ、ホンの少し制御を変えるだけでトヨタと同じになることは明らか。

この点、GMの技術者に聞いてみたところ「その通りです」。ただ、当時はトヨタの特許が生きており、GMも使わなかった。

だが、今やトヨタの特許の多くは期限切れ。トヨタ方式の基本となっている動力伝達機構のロジックも使えるようになっている。

だったら「ど~んと展開しましょう」ということ。 加えてボルトで信頼性も磨き込まれている。改良だって何度も加えられてきた。さらにトヨタが使うことを躊躇っているリチウム電池まで採用。

カムリハイブリッドの燃費が伸び悩んでいるのは、出し入れ出来る容量に限界のある旧式のニッケル水素電池を使っているためなので、当然ながらマリブが大幅に有利。

プリウスクラスの車に搭載されれば、かなり手強いライバルになるはず

シボレー ボルト
シボレー ボルト

もちろんこのシステム、カムリ級だけでなくプリウス級のGM車にも搭載可能だ。トヨタやレクサスのライバルにラインナップさせてくる可能性大。

100歩譲ってトヨタより多少燃費が悪くても、地元の有利さがある。なんたってアメリカNo.1ですから。相当手強いライバルになることは間違いない。

トヨタは戦えるだろうか?カギになりそうなのが次期「プリウス」。徹底的に燃費を追求しただけでは厳しいと思う。というのもアメリカもガソリン相場は大幅に下落しており、もはやリッター22kmが25kmへ向上したくらいだと、あまり気にしない状況。燃費以外の魅力を持たせないと厳しい。

ここにきて、アメリカは大排気量NAエンジンの評価が高まっていた。ホンダの高級車部門であるアキュラRDXは、今や珍しい3.5リッターのV6エンジンを搭載している(ライバルのBMW X3に代表されるドイツ勢は2リッター4気筒ターボ)ということで販売絶好調。

そんなことからハイブリッド人気もガソリン高騰時代と全く違う。トヨタとしてみればハイブリッドそのものの人気が落ち着いているところに、強力なライバル登場といった状況。盤石だったトヨタのハイブリッド戦略ながら、大幅な見直しが必要かもしれない。

筆者: 国沢 光宏

シボレー マリブセダン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー マリブセダン の関連記事

シボレー マリブセダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー マリブセダン の関連記事をもっと見る

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24