autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2011/8/24 11:42

BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/西川淳(3/3)

関連: BMW 1シリーズ Text: 西川 淳 Photo: BMW
BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/西川淳

新世代のBMWは、エンジンではなく、シャシーに注目

BMW 1シリーズ

以前よりずっとドライバーコンシャスになったダッシュボードを眺めながら、節度のあるシフトノブを1速に吸い込ませ、走り出す。景色そのものは、見慣れた最新のBMWモードだ。

街中では上級車なみの乗り心地をみせ、いきなり感心していたら、カントリーロードでは切れ味のいい走りをみせて感動を与えてくれた。何も張り切って飛ばしていたわけじゃなく、たんたんと一定速で走っていてわくわくしてくるのだから、驚き。

普通、80~100km/hあたりでドイツの田舎道を走っていれば、かなり退屈、あやうく熟睡モードに陥るもの。ところが、新型1シリーズでは、まずそんなことが起こらない。地形に沿っていろいろなコーナーをひとつひとつ、丁寧に味見し走ることが、そもそも本当に楽しいのだ。だから、省燃費走行を支援する、“エコPROモード”で走っていても、退屈にならない。

6速40キロで750回転まで落ちてもシフトダウンの指示は出ず、エンジンが粘りに粘ってふたたび加速に移る。その間、エンジンのフィールはまるでトップギアのままで引っ張るタクシーのように無粋で、もはや官能性とは、金輪際、無縁ではあるけれど、それを補ってあまりあるライドフィールを手に入れた。

BMW 1シリーズBMW 1シリーズBMW 1シリーズBMW 1シリーズBMW 1シリーズ
BMW 1シリーズ

もう一度、言う。新しい世代のBMWに、エンジンの官能性を求めても無駄だ。あの、ビーエムらしいエンジンフィールが好きだったという方には、大いに残念がってもらおう。

しかし、その代わり、シャシーのBMWは驚くほどの進化を果たした。駆けぬける歓びは健在である。だからこそ、積極的にエコPROモードだって使おうという気にもなる。そこが、新しい。

BMWは、シャシー性能を独自のこだわりでもって向上させることで、ドライビングファン的にも、エコフレンドリー的にも、プレミアムブランドとして、ひとつのポジションを発見したのかもしれない。

日本上陸は年内。旧型の同等グレードと据え置きのプライスタッグであれば、かなりの衝撃作となるだろう。

筆者: 西川 淳

BMW 1シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズ の関連記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28