MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 パフォーマンスアップグレードソフトウェア試乗|走りの質感を高めるECUプログラム 2ページ目

試乗レポート 2019/8/13 14:41

ボルボ V60 パフォーマンスアップグレードソフトウェア試乗|走りの質感を高めるECUプログラム(2/3)

ボルボ V60 T5 ポールスター パフォーマンス アップグレード 試乗
ボルボ V60 T5 ポールスター パフォーマンス アップグレード 試乗ボルボ V60 T5 ポールスター パフォーマンス アップグレード 試乗ボルボ V60 T5 ポールスター パフォーマンス アップグレード 試乗ボルボ V60 T5 ポールスター パフォーマンス アップグレード 試乗画像ギャラリーはこちら

常用域が圧倒的に引き上げられる

試乗車はV60 T5。標準で254hp/350Nmのパワーとトルクなのに対して、ポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアをインストールすると261hp/400Nmに、パワー的にはわずかだがトルクは大幅に引き上げられる。

クルマをゼロから発進、加速させる力がトルクであるから、50Nmものトルク増大はクルマの印象を劇的に変化させる。さらに言えばエンジン回転をもっとも良く使う2000~4500rpmの常用域でも、ポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアはエンジンのフィーリングに大きな変化をもたらす。

この常用回転域でエンジン出力を測ると標準は174hp/350Nmなのに対してポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアは200hp/400Nmと、標準を上回る最大トルクをすでにこの回転域で発生している。

アクセルのひと踏みで、明確に違いが判るのはこのためである。

アクセル操作に対して瞬時のレスポンスに

ボルボは全モデル、エンジンスタートと同時に走行モードはComfortが選ばれる。ポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアの威力を知るには、Eco、Individual、Polestar Engineered、そしてAWDモデルにはOff Roadの各種選択肢があるなかからPolestar Engineeredを選べばいい。同時にメーター内にもPOLESTARと表示される。

そこをクリックするとアイドリングが1000rpmに高まり、アクセルを踏み込むと即座にエンジンは躍動感に溢れて、駆動力を高め身体をシートバックに押し付ける。

アクセル操作に対して一分の遅れも無いレスポンスから全ての動きが引き締まった俊敏性に変わり、そのままアクセルを踏み込むと6500rpmの回転リミットまで豪快に伸びて行く。日本の速度規制では、あっと言う間に上限に達してしまう。

それではポールスター・パフォーマンス・ソフトウエアをインストールする意味がないではないか?! と思うのも道理。

しかしそこに到達するまでの動力性能の切れ味の鋭さ、アクセルを踏む右足の動きに直結した特性がスポーツ派の心をくすぐるハズ。

>>誰にでもオススメできるECUアップグレード[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60 の関連編集記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR