autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 熟成の旨み、これぞベスト「V40」/ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ] 試乗レポート

試乗レポート 2016/7/12 09:48

熟成の旨み、これぞベスト「V40」/ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ] 試乗レポート(1/3)

関連: ボルボ V40 , ボルボ V40クロスカントリー Text: 森口 将之 Photo: 阿部昌也/ボルボ・カー・ジャパン
熟成の旨み、これぞベスト「V40」/ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ] 試乗レポート

日本におけるボルボ最人気モデル「V40」が最新仕様にアップデート

ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ(2017年モデル)] 試乗レポート/森口将之ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ(2017年モデル)] 試乗レポート/森口将之

今年のボルボの最大のニュースと言えば、新世代フラッグシップの90シリーズとなるだろう。すでに先行してSUVの「XC90」が上陸している。プラットフォームもデザインもこれまでとは一線を画しており、我が国ではボルボ初のプラグインハイブリッドカーも登場した。

>>ボルボ 新型「V40」画像ギャラリー

しかし複数の車種を持つブランドにとって、全車種を一度に最新スペックにすることは難しい。モデルチェンジには膨大な人とお金が必要となるからだ。全車一斉にモデルチェンジをすべく大量のスタッフを雇い入れ、発表が終わったら大多数を解雇なんて、できるわけがない。多くのブランドが車種ごとにモデルチェンジのサイクルをずらしている理由のひとつは、ここにある。

デビュー4年目にブラッシュアップされる理由とは

ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ(2017年モデル)] 試乗レポート/森口将之ボルボ 新型 V40[2016年7月マイナーチェンジ(2017年モデル)] 試乗レポート/森口将之

とはいえショールームに並んでいるクルマたちのデザインやテクノロジーがバラバラでは、ブランドイメージをアピールしにくい。できる部分から最新スペックにアップデートしていく必要がある。ここで紹介するボルボ「V40」も、そんなストーリーの中で生まれた1台だ。

ボルボは今年5月、次期40シリーズのコンセプトカーを公開している。これをベースとした新型は、2017年から生産を開始する予定と言われている(新たなSUVモデルが先行し、次期V40はその後登場の模様)。この新型へのバトンタッチをスムーズに行うことは大事だ。その点でも今回の改良は必要だったと思われる。

特に日本市場では、V40は2013年に発売して以来これまで2.7万台を販売し、いまなおボルボでいちばん売れている車種なのだから、常にブラッシュアップを図って鮮度を保っていくことはとても大事だ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ V40 の関連編集記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR