鬼押出し園 (、群馬県)

天明三年の浅間山大噴火によって誕生した溶岩の芸術

浅間山には“鬼”が住んでいることになっており、火口で鬼が暴れて岩を押し出奇異な現象を目にしたという当時の人々の噴火の印象からこの名の由来となりました。園内では溶岩だけでなく季節の植物も楽しむことができ、風穴、ヒカリゴケ、石割の松、しゃくなげ、レンゲツツジなどを見ながら散策できます。

アクセス

観光スポット・アクティビティ特集はこちら

近隣の宿はこちら