【ガルウィング】トヨタ セラからカウンタックまで|ガルウイングドアを持ったクルマ5選

画像ギャラリーはこちら
スーパーカーやハイパフォーマンスカーのアイコンでもあるガルウイングドア。今回はそんなインパクト大のガルウイングドアを採用したクルマをピックアップします!

なお、今回は厳密に言うとバタフライドアやシザーズドアなども含まれますが、上側に開くドアを総称してガルウイングドアとしました。ご了承ください。

>>子どもの頃の憧れ…! ガルウィングの画像をもっと見る![フォトギャラリー(50枚)]

目次[開く][閉じる]
  1. 日本車初のガルウィング! トヨタ セラ
  2. 一度は必ず耳にしたことがあるはず! ランボルギーニ カウンタック
  3. あのタイムマシン!? デロリアン DMC-12
  4. 憧れのクルマが市販車に! メルセデスベンツ 300SL
  5. ガルウィング軽自動車 オートザム AZ-1
セラの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

日本車初のガルウィング! トヨタ セラ

日本車の市販量産車として初めてガルウイングドアを採用したのが、1990年に登場したトヨタ セラでした。正確にはドアが上方に上がるバタフライドアと呼ばれる形状ですが、ドアの上部までほとんどがガラスで占められているルーミーなキャビンが特徴的です。

販売目的ではなく、コンセプトカーだった

元々は1987年に開催された東京モーターショーに、トヨタの若手が中心となって作られたコンセプトカーとして展示されたもので市販予定のないものでしたが、反響の大きさで市販化にGOが出たというエピソードは、バブル景気に躍っていた当時を感じ取ることができますね。

一度は必ず耳にしたことがあるはず! ランボルギーニ カウンタック

アラフォーから上の世代のクルマ好きであれば、その名を聞いたことがない人はいないと言っても過言ではないほど高い知名度を誇るであろう車種がランボルギーニ カウンタックでしょう。

スーパーカーブームの頂点に立つ存在だった同車については、当時何も見ずともスペックを言うことができる子どもを量産したのでした。

子どもたちの夢の存在

そんなカウンタックですが、正確にはガルウイングドアではなくシザーズドアなのですが、とにもかくにもドアが上に開くクルマ=スーパーカーという図式を多くの子どもに叩き込んだ名車でした。

公称300km/hという最高速が実際に出ないという事実があったとしても、あの頃の少年にとっては今でもスーパーカーの頂点と言えばカウンタックなのです。

あのタイムマシン!? デロリアン DMC-12

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのタイムマシンとしても有名なデロリアンもガルウイングドアを持つ車種のひとつ。ちなみにデロリアンは車名ではなくメーカー名で、正式な車名はDMC-12。メーカー的にはデトロイトに本社を構えるアメリカ車ですが、実際に生産していたのはイギリスの工場と複雑な生まれのクルマです。

そのスーパーカー然としたルックスに対して、搭載されたV6エンジンは2849ccで135PSと実用エンジンで、最高速度は209km/hというもの。にもかかわらず25,000ドルという当時のレートで1500万円オーバーという高価格だったことで、8500台ほどが生産されるに留まっています。

なお、ステンレス製ボディとして知られる同車ですが、すべてがステンレス製ではなくFRPにステンレスパネルを貼り付けているだけなのでした。

憧れのクルマが市販車に! メルセデスベンツ 300SL

1954年に登場したメルセデスベンツ 300SLこそが、市販車として初めてガルウイングドアを採用したモデルでした。もともとこのモデルは市販車として計画されたものではなく、レーシングカーとして制作されたもので、ガルウイングドアもマルチチューブラーフレームを採用した結果、サイドシルの位置が高くなったための苦肉の策でした。

そのため、市販車バージョンでも同じフレーム構造を採用し、ガルウイングドアもそのまま継続採用されたというのが真相なのです。そんな300SLはのちにオープンモデルのロードスターへとバトンタッチされ、フレームが改良されて一般的なドアを持つように改良されています。

メルセデス・ベンツ/SLクラス
メルセデス・ベンツ SLクラスカタログを見る
新車価格:
1,329万円1,783万円
中古価格:
109.2万円1,253万円

ガルウィング軽自動車 オートザム AZ-1

日本に軽自動車という規格が生まれて70年余りが経過しますが、その歴史のなかで唯一のガルウイングドアを持つ車両がオートザム AZ-1(とOEMのスズキ キャラ)です。1989年の東京モーターショーに展示されたZA550スポーツのタイプA、B、Cの中からタイプAのデザインが採用されて誕生しました(ただしコンセプトカーの時点でタイプAはリトラクタブルヘッドライト)。

世界最小のスーパーカー

スケルトンモノコックフレームと名付けられたボディ構造体は、強固なサイドシルを持つことで高い剛性を実現。そのためガルウイングドアが必要だったというわけです。エンジンはスズキから供給を受けたアルトワークス用のF6A型がミッドシップに搭載され、世界で最も小さいマイクロスーパーカーと呼べる仕上がりでした。

マツダ/AZ-1
マツダ AZ-1カタログを見る
新車価格:
164.8万円164.8万円
中古価格:
179.8万円285万円

ということで、本来はレーシングカーがボディ剛性を高めるためにフレームを造った結果生まれることとなったガルウイングドア。一時期は普通のクルマをガルウイングドアにするキットが流行ったこともありましたが、今後はどんな車種に採用されるのでしょうか?

[筆者:小鮒 康一]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ セラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ セラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ セラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ セラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ セラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる