ガルウィングを備えた大衆車からハンドル位置が変更できる働くクルマまで!ド派手なルックスの名車5選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
つい目で追ってしまう個性的なフォルム、誰もが想像もつかないコンセプト。普段何気なく日常を過ごしている我々にとっては、このような刺激的な車を見る機会は大分少なくなってきたのではないでしょうか?今回はそんな日常を吹き飛ばしてくれるような

異彩を放つ名車を5車種をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 160万円の大衆車なのにガルウイング! 時代が生んだスペシャリティクーペ トヨタ セラを写真でチェック
  2. 左ハンドルにも右ハンドルにもなる!? メルセデス・ベンツ製のはたらくクルマ ウニモグを写真でチェック
  3. この異様な平べったさはなんだ!? 13年前に発表されたBMW M1オマージュを写真でチェック
  4. この顔はまるで生き物!? ファッションスーパーカー光岡 オロチを写真でチェック
  5. クラシカルだけど中身は最新!美しすぎるオープンカー 光岡 ヒミコを写真でチェック
セラの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

160万円の大衆車なのにガルウイング! 時代が生んだスペシャリティクーペ トヨタ セラを写真でチェック

1990年3月に販売開始されたトヨタ セラは、スーパーカーの様なガルウイングを持つスペシャリティクーペです。

車両価格160万円のコンパクトカーでありながら、ガルウイングを筆頭とした専用設計のパーツを多く使っており、バブル時代でなければ実現しなかったであろう贅沢な造りになっています。

ガルウイングにグラッシーキャビン、そして、スーパーカーにも劣らない攻めたフォルムは当時大きな話題を呼びました。

記事では膨大な開発費をかけて作られたセラの魅力と、考え抜かれた設計を写真と共にご紹介します。

左ハンドルにも右ハンドルにもなる!? メルセデス・ベンツ製のはたらくクルマ ウニモグを写真でチェック

ウニモグはメルセデス・ベンツが販売する多目的作業車。日本ではあまり馴染みの無いウニモグですが、半世紀以上もの長い歴史を持ち、現在も世界中で活躍するはたらくクルマです。

多目的作業車という名の通り、1000種類以上も用意されているというアタッチメントを使い分け、作業現場に合わせてさまざまな姿に変身。さらに左右のどちらにもハンドル位置を移動することができるなど、見た目も機能も唯一無二の存在感を放っています。

記事では、全世界のどのような現場でも活躍できるユニークな機構と、多国籍に対応した運転システムを写真と共に取り上げていきます。

この異様な平べったさはなんだ!? 13年前に発表されたBMW M1オマージュを写真でチェック

BMW M1オマージュはBMW初のMシリーズ、BMW M1の生誕30周年を記念して2008年に製作されました。

オリジナルM1の特徴的な低いフロントノーズを見事に再現していると共に、ボディは丸みのあるラインを多用。直線的なフォルムから曲線が多めの現代風のアレンジが特徴的です。M1オマージュはコンセプトカーのため、残念ながら市販化されることはありませんでしたが、その特徴的で秀逸なデザインは後に販売されるハイブリッドスポーツカー「i8」に影響を与えました。

下記の記事では、そんなローフォルムかつ、先進的なBMW M1の外装を写真と共にご紹介しています。

この顔はまるで生き物!? ファッションスーパーカー光岡 オロチを写真でチェック

魅力的かつ、独創的な車を生み出している光岡自動車が完全オリジナルスーパーカーとして製作したのが、オロチ(大蛇)です。

2その名の通り大蛇(オロチ)がモチーフとなっており、生命力を感じる有機的な外観が最大の特徴。そんな刺激的な外観に似合わず、エンジンはレクサス RX330用 V型6気筒で最高出力は233PS。スーパーカーと呼ぶにはやや控え目なスペックですが、誰でも気軽に乗れる「ファッションスーパーカー」をコンセプトにしていることを考えれば十分なのかもしれせん。

記事では、オロチのまるで生き物のような外観と、「ファッションスーパーカー」と呼ばれる所以を写真と共にご紹介します。

クラシカルだけど中身は最新!美しすぎるオープンカー 光岡 ヒミコを写真でチェック

オロチと同じく、光岡自動車から紹介するのはマツダ ロードスター(ND型)をベースにした2ドアオープンカーのヒミコです。

「宝石すらも嫉妬する」というキャッチコピーのもと、クラシカルと美しさの両方を併せ持つオープンカーとして、発売当初から大きな注目を集めていました。

そんなエクステリアとは裏腹に、インテリアは上質な素材や先進的な装備を採用するなど隙を見せない造りになっています。

記事では、内も外も抜け目のないヒミコのモダンクラシックな世界を写真と共にご紹介します。

光岡自動車/ヒミコ
光岡自動車 ヒミコカタログを見る
新車価格:
516万円618.6万円
中古価格:
410.6万円537.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ セラの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ セラのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ セラの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ セラの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ セラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる