トヨタの工場停止の理由は半導体問題じゃない! 新型ランクルなど人気車種の生産を20日間も停止する本当のワケとは!?

画像ギャラリーはこちら
新型コロナウィルスが猛威を奮っている今。それに加えて半導体問題が世界中で大きな問題となっている。とくに自動車業界に与える影響は大きく、各国の自動車メーカーで納車時期が長引いている状況にある。そんな中、トヨタも9月に世界規模で減産を行うと発表。一体トヨタになにが起きているのか!? 今の状況を整理するとともに、今後起こりうることについて自動車評論家の国沢光宏氏が大予想する!
目次[開く][閉じる]
  1. 日本市場へ大打撃! 22日間の工場停止で14万台に影響
  2. 工場停止の要因は半導体問題じゃない! 東南アジアの新型コロナウィルス蔓延が最大の理由
  3. 日本メーカーは東南アジア頼み……解決するには新型コロナウィルスの収束が一番
ランドクルーザー300の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

日本市場へ大打撃! 22日間の工場停止で14万台に影響

突如トヨタが「9月は世界規模で36万台/4割の減産を行う」と発表した。もっとも減産台数が多いのは日本の14万台としており、工場や車種によって22日間もラインを止めるという。このニュースを受け、株価も19日14時30分の9639円から、20日14時30分の24時間で8899円まで落ちた。トヨタに何が起きているのだろう?

工場停止の要因は半導体問題じゃない! 東南アジアの新型コロナウィルス蔓延が最大の理由

多くの人は半導体不足だと思っているようだけれど、全く違う。トヨタ、半導体については適正な価格で購入しているなど(買いたたくメーカーも多い)、半導体メーカーとウィンウィンの関係を築いており、自動車メーカーで最も影響を受けていない。したがって今回発表された大規模な減産は全く違う要因になる。

トヨタも減産の理由としてキッチリ説明している通り、東南アジアの工場で生産している部品が入ってこなくなったからだ。御存知の通り今や東南アジアはデルタ株で非常に厳しい状況にある。この地域で最も感染者数少なかったタイですら7月末から爆発的な蔓延が始まり、連日2万人規模の感染者と300人近い死亡者を出してます。

>>納車に大影響! 今話題の半導体問題ってそもそもなに!?

東南アジアに生産を移管したばかりなのに……パンデミック状態により生産が厳しい状況

日本の自動車部品メーカーの工場が多いベトナムも厳しく、タイと同じく7月末より感染者急増。8月下旬時点でピークに達していると言われ、連日1万人規模の感染者を出している。同じく部品メーカーの工場多いインドネシアやマレーシアも感染のピークを迎え始めた。中でもパンデミックを起こしているのは、人が集まる工場。

日本の工場と違い人海戦術で部品を作っているため、感染力の強いデルタ株に変わるや手が付けられない状況になってしまったという。自動車部品を作っている工場はラインを止めざるを得ない。

トヨタは中国の半日デモ以後、部品の調達を中国から東南アジアに移していたため、生産ライン停止の大きな影響を受けることになる。

日本メーカーは東南アジア頼み……解決するには新型コロナウィルスの収束が一番

日本の減産規模の大きさは、日本で使っている海外部品の調達先の多くが東南アジアということを物語っている。欧州やアメリカ、中国の工場で使っている部品は地域調達率高いため、日本より影響が少なかった。この状況、いつまで続くのか? 自動車部品は簡単に調達先を替えることも難しいため、いかんともしがたい状態。

一番いいのは東南アジアの新型コロナ感染がピークアウトすること。日本よりさらにワクチンの接種率が低いため(ベトナムで1回接種済みが15%。2回済みは2%。タイも30%と10%)、なかなか厳しい。

東南アジア以外からの調達も進むだろうけれど、10月も9月に近い規模での減産を強いられるかもしれない。

中古車市場が高値に! まだまだ続く負のスパイラル

もちろん減産はトヨタに限らない。東南アジアで生産している自動車部品、皆さんが考えている以上に多岐に渡る。せっかく上向きになっている自動車産業ながら、低くないハードルが出現してしまった。

とはいえ日本の自動車メーカーはこういったハードルをいくつも超えてきた。昨年の新型コロナショックを考えれば乗り越えられるだろう。

ちなみに納期の遅れは当然の如く出てくる。短くて1ヶ月。長ければ2~3ヶ月スパンでの納期遅れは想定しておいた方がいいと思う。トヨタ以外のメーカーは依然として半導体不足の影響も受けている(とくに輸入車)。一方、クルマのニーズは新型コロナ禍で増えているため、欲しい人は多い。中古車相場、高めで推移するだろう。

>>トヨタの工場が一時稼働停止でヤリスクロスなど人気車種の納車が半年かかるケースも! ヤリス&ヤリスクロス買うなら認定中古車もアリだ

【筆者:国沢 光宏】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー300の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー300のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー300の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー300の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー300のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる