トヨタ、新型ランドクルーザー300を世界初公開! フレーム構造のTNGA 新GA-Fプラットフォームや新開発V6ツインターボエンジンを採用し2021年夏より発売予定

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタは2021年6月10日(木)、新型ランドクルーザー(ランクル300)をオンライン上で世界初公開した。2007年登場のランドクルーザー200の後継モデルで、およそ14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。正確な日本への導入開始時期は未定だが、2021年夏以降世界各地で順次発売される予定だ。まずは速報で新型ランドクルーザー300の情報をお届けする。

>>トヨタ 新型ランドクルーザー(ランクル300)を写真で見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 14年ぶりのフルモデルチェンジで、70年に渡り代々受け継がれてきた「信頼性・耐久性・悪路走破性」がさらに進化
  2. 伝統のフレーム構造を継承した新開発「GA-Fプラットフォーム」を採用
  3. 新開発のV6ツインターボガソリン&ディーゼルエンジンを搭載し動力性能と環境性能を両立
  4. 内外装デザインは機能美を追求 パッケージングは悪路走破性を重視した
  5. クラストップの先進安全性能を実現! 2021年夏以降、世界で発売を開始予定

14年ぶりのフルモデルチェンジで、70年に渡り代々受け継がれてきた「信頼性・耐久性・悪路走破性」がさらに進化

トヨタ ランドクルーザーの初代がデビューしたのは、今からちょうど70年前の1951年8月。「トヨタ BJ型ジープ」として登場した四輪駆動車が始まりだった。以来、世界の道なき道で活用されてきたトヨタを象徴するブランドである。世界170の国と地域で累計約1040万台、年間30万台以上を販売してきた(2020年末時点・レクサス「GX」「LX」を含む)。

そんなランドクルーザーシリーズの中でも、フラッグシップモデルに位置付けられるのが、2007年に登場したステーションワゴンタイプの「ランドクルーザー」(ランドクルーザー200)だ。今回、14年ぶりとなるフルモデルチェンジで、新型「ランドクルーザー300」に生まれ変わった。

フルモデルチェンジした新型ランドクルーザー300は、代々受け継がれてきた「信頼性・耐久性・悪路走破性」は進化させつつ継承。さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現させることを狙い開発が行われた。

伝統のフレーム構造を継承した新開発「GA-Fプラットフォーム」を採用

新型ランドクルーザー300は、従来型同様にフレーム構造を踏襲。ただしフレーム自体はTNGA(Toyota New Global Architecture)の思想のもと軽量・高剛性化された新設計の「新GA-Fプラットフォーム」に生まれ変わった。

フレーム・車体を含めた車両全体の軽量化(-200kg)や低重心化、重量配分・サスペンション構造の改善などを実施。

そのうえで、トヨタ社内の熟練テストドライバーやダカールラリー出場ドライバーをはじめとする評価メンバーによる実路走行での作り込みを通じて、オンロード、オフロード双方で運転しやすく、疲れにくいクルマを目指した。

ランクルシリーズのフラッグシップモデルにふさわしい新技術を多数投入

伝統の悪路走破性をさらに向上させるため、以下の開発・新技術採用を行った。

・サスペンションの基本性能(ホイールアーティキュレーション:タイヤの浮きづらさ)向上

・世界初のE-KDSS(Electronic Kinetic Dynamic Suspension System)採用による接地性向上

・ドライバー視点で障害物を直感的に可視化するマルチテレインモニターの採用

・走行路面を判定し、自動でモード選択するマルチテレインセレクトの採用

新開発のV6ツインターボガソリン&ディーゼルエンジンを搭載し動力性能と環境性能を両立

従来型に搭載されていたV型8気筒エンジンから、新型ランドクルーザー300では新たに開発されたV型6気筒 3.5リッターガソリンツインターボエンジン(最高出力415ps/最大トルク650Nm)と、V型6気筒 3.3リッターディーゼルツインターボエンジン(最高出力309ps/最大トルク700Nm)を採用。クラストップレベルの動力性能とドライバビリティ(運転のしやすさ)の実現を図った。

組み合わされるのは「Direct Shift-10AT」10速オートマチックトランスミッション。ボディの軽量化と相まって、各地域の販売計画と燃費モードを加重平均し行ったトヨタ社内の試算では、従来型ランドクルーザー200との比較で、車両使用時の年間CO2排出量を、グローバルの全台数分で約10%低減する見込みとなっている。

内外装デザインは機能美を追求 パッケージングは悪路走破性を重視した

新型ランドクルーザー300の外装(エクステリアデザイン)は、ランドクルーザーシリーズのヘリテージ(伝統)を継承。オフロード走行時のダメージを受けにくいランプ位置やバンパー造形などの機能美を追求した。

内装(インテリア)では、悪路走行状況でもクルマの姿勢を捉えやすい水平基調のインストルメントパネル(インパネ)を採用。直感操作ができるスイッチ類を機能ごとにレイアウトし、形状や色など操作性を考慮したデザインとすることで、快適性も追求した。

車体のパッケージングについては悪路走破性を重視。全長・全幅・ホイールベースなどの車両サイズと、ディパーチャーアングル・アプローチアングルは従来型のスペックを継承した(一部グレードを除く)。

クラストップの先進安全性能を実現! 2021年夏以降、世界で発売を開始予定

新型ランドクルーザー300は、最新の先進運転支援機能「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」を採用。歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)を検知し衝突回避または被害軽減に寄与するプリクラッシュセーフティを採用。

また交差点での対向直進車や右左折時に前方から来る横断歩行者検知機能、ドライバーによる回避操舵をきっかけに操舵と車線逸脱抑制をサポートする緊急時操舵回避支援機能を追加した。

さらに、駐車場での前後障害物や、後退時の接近車両、および歩行者を認識し事故防止に寄与するパーキングサポートブレーキを新たに採用した。

トヨタでは、新型ランドクルーザー(ランクル300)を、2021年夏以降、世界各地で発売する予定。なお現段階では、日本での発売時期や販売価格などは公開されていない。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

トヨタ/ランドクルーザー200
トヨタ ランドクルーザー200カタログを見る
新車価格:
481.6万円696.3万円
中古価格:
232.1万円1,283.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー200のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー200の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー200の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー200のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる