新型ハリアーをもっとカッコよくしたい! 超人気SUVをドレスアップする純正エアロ3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月の発売以来、瞬く間に大ヒット作となったトヨタの都会派SUV「ハリアー」。せっかく乗るならその格好良さを際立たせたい、しかも人とカブりたくない! というあなたのために、今回は新型ハリアーの魅力をもっと高めてくれるエアロパーツ3タイプをご紹介。

しかも3種類とも、新車を販売するトヨタの販売ディーラーで直接購入・装着することが出来る純正エアロなのだ!

モデリスタとGRパーツ(TOYOTA GAZOO Racing)の手による流麗なエアロパーツ3選をお届けしよう!

目次[開く][閉じる]
  1. 大人のムード満点! 新型ハリアーのダークボディに映えるワイドなエアロ「グランブレイズ スタイル(モデリスタ)」
  2. エレガントな新型ハリアーをあえてスポーティに! ブラックのアクセントが効く「GRパーツ(TOYOTA GAZOO Racing)」
  3. 新型ハリアーのメリハリボディを強調! ダイナミックなエアロ「アバンエモーショナル スタイル(モデリスタ)」

大人のムード満点! 新型ハリアーのダークボディに映えるワイドなエアロ「グランブレイズ スタイル(モデリスタ)」

「GRAN BLAZE STYLE(グランブレイズ スタイル)」は、新型ハリアーをシャープな大人のムード満点に仕上げてくれるMODELLISTA(モデリスタ)のカスタマイズパーツだ。

ワイドに広がるメッキの加飾が、ダークなボディカラーと絶妙にマッチする。

サイドスカートの造形も大胆。フロント同様にワイドにアレンジされたリヤスカートの形状と、スクエアなマフラーカッターの統一感も見事だ。GRAN BLAZE STYLEのエアロパーツセットは塗装済みで31万3500円。取り付け費用などが別途発生する。

エレガントな新型ハリアーをあえてスポーティに! ブラックのアクセントが効く「GRパーツ(TOYOTA GAZOO Racing)」

今度は路線が変わり、グッとスポーティにキマったハリアーだ。TOYOTA GAZOO Racing(トヨタガズーレーシング)がプロデュースするGRパーツをご紹介しよう。

こちらのパーツはシックなブラック仕上げが特徴。同じ黒でも、部位によりマットブラックとグロスブラックを巧妙に配しているのがお洒落ポイントだ。

フルモデルチェンジでエレガント路線が強められた新型ハリアーだけに、あえてスポーティな面を際立たせたGRスタイルがむしろ新鮮な印象を与えてくれる。

GRパーツ製エアロパーツセットの価格は41万3600円。また、専用デザインの大径20インチアルミホイールは、ミシュラン・パイロットスポーツ4 SUVとセットで47万7950円となっている。

このほかにもGRパフォーマンスダンパーなど、操縦安定性や振動軽減を図る専用パーツが用意されているのもGRパーツらしいところだ。

新型ハリアーのメリハリボディを強調! ダイナミックなエアロ「アバンエモーショナル スタイル(モデリスタ)」

そして3台目は、よりエレガントな新型ハリアーのカスタマイズをご紹介。「AVANT EMOTIONAL STYLE(アバンエモーショナル スタイル)」と名付けられたこちらは1台目同様にモデリスタ製。ダイナミックさと先進性を強調したスタイルで差別化を図った。

シグネチャーイルミグリルやフロントスポイラーなどにLEDを効果的にレイアウトし、ワイド&ローフォルムを強調する。

AVANT EMOTIONAL STYLEのエアロパーツセットは塗装済みで25万1900円。シグネチャーイルミグリルなどはオプションとなる。

ポリッシュ仕上げのきらびやかな5本スポークとブラックのフィンが組み合わされた新型ハリアー専用のアルミホイール「MODELLISTA Wing Dancer X IV」は20インチの大径サイズ。ミシュラン製パイロットスポーツ4 SUVとセットで、43万4500円にて販売される。

ノーマルでも十分にカッコいいけど、カスタムモデルを観た後にはちょっと物足りなくなってくる!?

いかがだっただろうか。もともと十分にスタイリッシュだった新型ハリアーだが、カスタムモデルの後にノーマルモデルを見返してみると、なんだか物足りない気分になった方もいるかもしれない!

今回のエアロパーツなどはいずれもトヨタの新車ディーラーで装着可能なものばかりだ。新車購入時なら一緒にローンを組むことだって出来る。装着を考えているなら、併せて営業マンに相談してみると良いだろう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
27.3万円595.7万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる