セリカ リフトバックは元祖クロスオーバーSUVの先駆けだった!? KINTOがレストア済みのセリカLBを出展【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」にやってきたクルマは、アウトドアを楽しくするSUVやバンがメイン。しかし、トヨタが提供するクルマのサブスク「KINTO」ブースには、なぜか初代トヨタ セリカ リフトバック2000GTが展示されており、多くの来場者を驚かせていた。
目次[開く][閉じる]
  1. KINTOブースに突如現れた「セリカ リフトバック」出展の理由とは
  2. セリカ リフトバックは、アウトドアユースもOKなクロスオーバースポーツカーだった!
  3. レストアするだけではない! カスタムやチューニングも見所

KINTOブースに突如現れた「セリカ リフトバック」出展の理由とは

懐かしい初代「トヨタ セリカ」(セリカ リフトバック)がKINTOブースに出展され、来場者の足をとめていた。実はコレ、「Vintage Club by KINTO」がレストアしたもの。

新車のサブスクであるKINTOで旧車?というのは意外だが、「Vintage Club by KINTO」は、旧車で何か楽しいことをしよう、ということで立ち上がった旧車を楽しむコミュニティで、これまでも初代ソアラのレストアも手がけている。その一環として、新たにセリカ リフトバックがレストア対象になったものだ。

セリカ リフトバックは、アウトドアユースもOKなクロスオーバースポーツカーだった!

セリカは、アメリカで大ヒットした「フォード マスタング」の影響を受け、1970年に登場した国産スペシャリティカーの祖ともいえるクルマだ。

そして展示されたセリカ リフトバック(LB)は、1973年に追加されたボディバリエーションである。

マークII 2000GSSから譲り受けた18R-G型4気筒DOHCエンジンによる豪快な走りを持ちつつ、大きく開くテールゲートと可倒式リアシートによって、サーフボードやキャンプ用品を積むこともできたセリカ リフトバックは、なんとアウトドアでもOKなスポーツカーとして開発されたという(会場の解説プレートによる)。

ということは、セリカ リフトバックは今のスポーツカー的要素を持つクロスオーバーSUVのはしりなのかもしれない!?

レストアするだけではない! カスタムやチューニングも見所

レストア内容は、エンジンのオーバーホール・内外装のリフレッシュなど幅広く、セリカ リフトバックに新車のような輝きを取り戻していた。

さらに単なるレストアだけではなく、オーバーフェンダー・チンスポイラー・ハヤシレーシングのホイールの装着といった外観のカスタムも実施。エンジンのボアアップやセリカXX(ダブルエックス)に搭載されていたトランスミッション(W55型)への換装、ブレーキの強化などのチューニングも行われているという。

「Vintage Club by KINTO」がレストアしたクルマたちの活用や、今後の活動に大いに期待したい。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

トヨタ/セリカ
トヨタ セリカカタログを見る
新車価格:
190.3万円252.3万円
中古価格:
38.8万円470万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ セリカの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ セリカのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ セリカの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ セリカの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ セリカのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる